Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
オウバク   ( 黄柏 )
英名 Phellodendron Bark 生薬ラテン名 PHELLODENDRI CORTEX
オウバク
生薬名:オウバク
キハダ
植物名:キハダ
基原 キハダ Phellodendron amurense Ruprecht 又は Phellodendron chinense Schneider (Rutaceae ミカン科) の樹皮。
調製 7月中旬から8月上旬に、樹齢10 ~ 20年の木を伐採し、樹皮を剥ぎ、周皮を除き天日で乾燥する。
産地 北海道、長野・群馬・福井・鳥取・福島県など。中国(四川・雲南・陜西・甘粛・湖北・広西省、東北地区など)。
性状 板状又は巻き込んだ半管状の皮片で、厚さ2 ~ 4 mmである。外面は灰黄褐色~灰褐色で、多数の皮目の跡があり、内面は黄色~暗黄褐色で、細かい縦線を認めるが平滑である。折面は繊維性で鮮黄色を呈する。
弱いにおいがあり、味は極めて苦く、粘液性で、だ液を黄色に染める。
成分 アルカロイド:berberine、palmatine、magnoflorine、phellodendrine、jateorrhizine、obakunone、limonin、butenolineなど
選品 換算した生薬の乾燥物に対し、ベルベリン (ベルベリン塩化物として) 1.2% 以上を含み、鮮黄色で苦いものが良く、コルク質がないこと。
適応 漢方処方用薬:消炎、清熱の作用を期待し、薬方に配合する。また、打撲などの外用に用いる。
生薬製剤:苦味健胃、整腸止瀉薬。
漢方
処方例

滋陰降火湯(じいんこうかとう)、知柏地黄丸(ちばくじおうがん)
構成生薬のうち、黄柏と知母の組合せで、消耗性疾患における発熱に用いられる。

白頭翁湯(はくとうおうとう)
構成生薬のうち、黄柏、白頭翁、黄連の組合せで、アメーバー性・細菌性の下痢に用いられる。

中黄膏(ちゅうおうこう)
化膿性打撲に用いられる。

貯法 密閉容器
備考 基原植物にヒロハノキハダ Phellodendron amurense var. sachalinense, オオバノキハダ P. amurense var. japonicum 及びミヤマキハダ P. amurense var. lavallei も含まれる。
生薬製剤として、陀羅尼助(だらにすけ)、お百草(おひゃくそう)などがある。
民間薬:打撲などに外用ハップ剤とする。
局方の生薬の性状は,ルーペ視に基づく記載に代わり、鏡検による記載が収載された。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.