Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
サンヤク   ( 山薬 )
英名 Dioscorea Rhizome 生薬ラテン名 DIOSCOREAE RHIZOMA
サンヤク
生薬名:サンヤク
ヤマノイモ
植物名:ヤマノイモ
基原 ヤマノイモ Dioscorea japonica Thunberg 又はナガイモ D. batatas Decaisne (Dioscoreaceae ヤマノイモ科) の周皮を除いた根茎(担根体)。
調製 秋に根茎を掘出し、周皮をはいで、そのまま、又は蒸してから乾燥する。
産地 国内各地、中国 (河南、浙江、江蘇、四川など)、韓国
性状 円柱形~不整円柱形を呈し、長さ 5 ~ 15 cm、径 1 ~ 4 cm、ときには縦割り又は横切したものである。外面は類白色~帯黄白色で、折面は類白色を呈し、平らで粉性である。質は堅いが、折りやすい。
ほとんどにおい及び味がない。
成分 多糖類:dioscoran A ~ F、 dioscoreamucilage B
その他:デンプン、糖タンパク質、アミノ酸
選品 白色又は類白色で、質が重く滑沢のあるものが良品とされている。
適応 漢方処方用薬:暴飲暴食により傷つけられた脾胃を補い、滋養強壮の目的で薬方に配合される。
漢方
処方例

八味地黄丸(はちみじおうがん)
構成生薬のうち、山薬、地黄、山茱萸の組合せで、体力の低下、老化による倦怠感、頻尿、遺精などに用いる。

貯法 密閉容器
備考 使用部位は植物形態学上は茎と根の中間型を示し、正しくは担根体(たんこんたい)と称する。
中国では D. opposita (=D. batatas)が正品で、D. alataも基原植物としている。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.