Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ジオウ   ( 地黄 )
別名 乾地黄、熟地黄  
英名 Rehmannia Root 生薬ラテン名 REHMANNIAE RADIX
ジオウ
生薬名:ジオウ
アカヤジオウ
植物名:アカヤジオウ
基原 アカヤジオウRehmannia glutinosa Liboschitz var. purpurea Makino又はRehmannia glutinosa Liboschitz (Scrophulariaceae ゴマノハグサ科)の根(乾ジオウ)又はそれを蒸したもの(熟ジオウ)
調製 11月下旬~12月ごろ、根を掘りあげ水で洗い、日干ししたものを乾地黄(かんじおう)。蒸して乾燥したものを熟地黄(じゅくじおう)。局方では用いられないが、生根そのままを生地黄(しょうじおう)(鮮地黄)とする。
産地 日本(北海道、奈良、長野)、中国(河南・浙江・河北・安徽・四川)、韓国。
性状 1) 乾ジオウ 一端若しくは両端が細くなった塊状又は紡錘形を呈し、長さ5 ~ 10 cm、径0.5 ~ 3.0 cmで、ときに折れ、又は著しく変形している。外面は黄褐色、黒褐色又は黒色を呈し、深い縦溝及びくびれがある。質は柔らかい。横切面は黄褐色、黒褐色又は黒色で、周辺部ほど色が濃い。
特異なにおいがあり、味は初め僅かに甘く、後にやや苦い。
2) 熟ジオウ 不規則な塊状、一端若しくは両端が細くなった塊状又は紡錘形を呈し、長さ5 ~ 10 cm、径0.5 ~ 3.0 cmである。外面は黒色を呈し、通例光沢があり、深い縦溝及びくびれがある。質は柔らかく粘性である。横切面は黒色である。
特異なにおいがあり、味は初め甘く、後に僅かに苦い。
成分 イリドイド配糖体:catalpol、aucubin
糖類:stachyose(乾ジオウ)、manninotriose及びfructose(熟ジオウ)
その他:アミノ酸など
選品
適応 漢方処方用薬:補精・強壮・止血作用があり、糖尿病、諸出血、貧血、便秘などを改善する薬方に配合される。
漢方
処方例

滋陰降火湯(じいんこうかとう)
構成生薬のうち、熟地黄、黄芩(おうごん)の組み合わせにより、慢性的な乾いた咳を治療する。

八味地黄丸(はちみじおうがん)、牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)などの腎気丸類
構成生薬のうち、地黄、山薬、山茱萸の組み合わせにより、泌尿、生殖器の失調による全身の倦怠感や口渇、足腰のだるさ、のぼせ、腰痛、視力の減退、耳鳴りなどに用いる。

三物黄芩湯(さんもつおうごんとう)
構成生薬のうち、熟地黄、黄芩(おうごん)の組み合わせで消炎作用により、口乾、不眠、皮膚のほてり、かゆみを改善する。

潤腸湯(じゅんちょうとう)
構成生薬のうち、熟地黄、麻子仁、桃仁などの潤薬との組み合わせにより、高齢者などの慢性便秘に使われる。

当帰飲子(とうきいんし)
構成生薬のうち、熟地黄、防風の組み合わせにより、乾燥性の皮膚のかゆみに使用される。

四物湯(しもつとう)
構成生薬のうち、乾地黄、芍薬の組み合わせで、血虚によるめまい、生理出血の少ないものを治療する。

芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)
構成生薬のうち、乾地黄、阿膠(あきょう)、艾葉(がいよう)の組み合わせにより、止血作用を増強する。

貯法 密閉容器。生地黄は砂の中に保存する。
備考 市場にはまれに、生地黄、鮮地黄として乾燥しない生のままの鮮品(局方除外品)が見られるが、時期などが限定される。生地黄は砂の中に保存する。乾地黄と熟地黄は薬効にやや違いがあるとされ使い分けられる。
同類生薬として懐慶地黄(かいけいじおう)Rehmannia glutinosa forma hueichingensis(ゴマノハグサ科)がある。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.