Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
シャクヤク   ( 芍薬 )
別名 白芍  
英名 Peony Root 生薬ラテン名 PAEONIAE RADIX
シャクヤク
生薬名:シャクヤク
シャクヤク
植物名:シャクヤク
基原 シャクヤク Paeonia lactiflora Pallas (Paeoniaceae ボタン科)の根。
調製 9~12月にかけて堀出し、根をそのまま水洗いし、周皮を除き乾燥する。
産地 日本(奈良、群馬、新潟、青森、岩手、長野、富山、和歌山、高知、北海道)、中国(浙江、安徽、河北、四川、内蒙古)
性状 円柱形を呈し、長さ7 ~ 20 cm、径1 ~ 2.5 cm、 外面は褐色~淡灰褐色で、明らかな縦じわ及びいぼ状の側根の跡と横長の皮目がある。横切面はち密で淡灰褐色を呈し、木部は淡褐色の放射状の線がある。
特異なにおいがあり、味は初め僅かに甘く、後に渋くて僅かに苦い。
成分 モノテルペノイド類:paeoniflorin、albiflorinなど
ガロタンニン:penta- galloylglucose、hexa- galloylglucose、hepta-galloylglucose
その他:paeonol、benzoic acidなど
選品 換算した乾燥物に対し、ペオニフロリン2.0%以上を含み、 太くて内部が充実し、やや柔軟性を帯び、内部が微赤色~白色を呈し、収れん性と、僅かな苦味があり、特有のにおいが強いものが良品とされている。
適応 漢方処方用薬:収斂・鎮痙作用による腹痛、筋肉痛、下痢などの薬方に配合される。
漢方
処方例

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)
構成生薬のうち、芍薬、甘草の組合せで、急性の腹痛、こむら返りなどに用いる。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
構成生薬のうち、芍薬、当帰、川芎(せんきゅう)の組合せで、補血・鎮痛作用を強める。

貯法 密閉容器
備考 基原植物として従来、 近縁植物の Paeonia veitchii, P. obovataも用いられていた。
赤芍(せきしゃく)、真芍(しんしゃく)は品質が劣り正品ではない。日本漢方では、赤芍を使わない。
中国では、シャクヤクの栽培品で沸騰水中で煮て皮去りしたものを白芍、皮付きの野生品と P. veitchii から調製したものを赤芍としている。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.