Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ジャショウシ   ( 蛇床子 )
英名 Cnidium Monnieri Fruit 生薬ラテン名 CNIDII MONNIERIS FRUCTUS
ジャショウシ
生薬名:ジャショウシ
オカゼリ
植物名:オカゼリ
基原 オカゼリ Cnidium monnieri Cusson (Umbelliferae セリ科)の果実。
調製 少し日干しし、炒って用いる。
産地 中国東北部、モンゴル、シベリア、韓国
性状 楕円体の双懸果で、しばしば分離している。 長さ2~3mm、幅1~2mm、外面は淡褐色~褐色を呈し、各分果には通例5本の翼状を呈する隆起線がある。分果の接合面はほぼ平らである。
特異なにおいがあり、かめば特異な香気があり、後やや麻痺性である。
成分 精油:l-pinene, l-camphene, bornyl isovalerate, isoborneol, osthole, isopimpinelline, bergapten, archangelicin, columbianetin, columbianadin, columbianetin acetate, columbianetin isovalerate, cnidiadin, cnidimine
選品 つぶして、香りの強いものほど良い。
適応 強壮、催淫作用があり、陰萎及び婦人陰部のかゆみなどに応用する。
漢方
処方例

蛇床子湯(じゃしょうしとう)
蛇床子、当帰、苦参、威霊仙の組み合わせにより、かゆみ、痛み、ただれの改善を期待して、陰部のかゆみ及びたむしに外用する。

貯法 密閉容器
備考 植物はオカゼリとも呼ばれ、和蛇床子はヤブジラミ Torilis japonica (Houtt.) DC. (Umbelliferae セリ科)の果実である。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.