Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ジュウヤク   ( 十薬 )
別名 重薬、蕺菜(じゅうさい)  
英名 Houttuynia Herb 生薬ラテン名 HOUTTUYNIAE HERBA
ジュウヤク
生薬名:ジュウヤク
ドクダミ
植物名:ドクダミ
基原 ドクダミ Houttuynia cordata Thunberg (Saururaceae ドクダミ科)の地上部。
調製 花期に地上部を刈り取り、水洗いし乾燥する。
産地 日本(新潟、徳島、大分、島根、愛媛、茨城、京都など)、中国
性状 茎に互生した葉及び花穂(かすい)からなり、茎は淡褐色を呈し、縦溝と隆起する節がある。水に浸してしわを伸ばすと、葉は広卵状心臓形で、長さ3 ~ 8 cm、幅3 ~ 6 cm、淡緑褐色を呈し、全縁で、先端は鋭くとがる。葉柄は長く、基部に膜質のたく葉が付いている。花穂は1 ~ 3 cm、淡黄褐色で無花被の多数の小形の花を付け、その基部に長卵円形の淡黄色~淡黄褐色の総包4枚がある。
僅かににおいがあり、味はない。
成分 フラボノイド配糖体:quercitrin 、isoquercitrin など
その他:benzamide 誘導体など
選品 花穂や葉が脱落しないように乾燥させたものが良品である。
適応 民間療法:利尿、排膿、緩下剤、動脈硬化の予防に煎じ薬として内服する。また、水虫やタムシなどの皮膚疾患に外用する。
漢方
処方例

貯法 密閉容器
備考 生の植物には特異臭のdecanoylacetaldehydeやlaurylaldehydeを含むが、乾燥して生薬に調製するとほとんど飛散する。
どくだみ茶として用いられる。民間では痔疾、腫れ物、腰痛に生の葉を患部に貼る。また、中国では魚腥草(ぎょせいそう)と称する。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.