Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ショウキョウ   ( 生姜、乾生姜 )
英名 Ginger 生薬ラテン名 ZINGIBERIS RHIZOMA
ショウキョウ
生薬名:ショウキョウ
ショウガ
植物名:ショウガ
基原 ショウガZingiber officinale Roscoe(Zingiberaceae ショウガ科)の根茎で、ときに周皮を除いたもの
調製 10 ~ 11月に根茎を掘り取り、土砂と細根、コルク皮(外皮)を取り除いて乾燥する。
産地 中国(雲南、貴州、広西自治区など)、インドなど
性状 扁圧した不規則な塊状でしばしば分枝する。分枝した各部はやや湾曲した卵形または長卵形を呈し、長さ2 ~ 4 cm、径1 ~ 2 cmである。外面は灰白色~淡灰褐色で、しばしば白粉を付けている。折面はやや繊維性、粉性で、淡黄褐色を呈する。横切面をルーペ視するとき、皮層と中心柱は明瞭に区別され、その全面に維管束及び分泌物が暗褐色の細点として散在する。
特異なにおいがあり、味は極めて辛い。
成分 精油(セスキテルペノイド):α-zingibereneなど
辛味成分:[6]-shogaol、[6]-gingerol、zingeroneなど
糖類:fructose、glucose
選品 辛味が強く、肥大充実し、繊維の少ないものが良品である。
適応 生薬製剤:辛味性健胃または矯味薬として使用。
漢方処方用薬:水毒による悪心嘔吐・下痢・咳などを除去する目的で薬方に配合される。
漢方
処方例

桂枝湯類、葛根湯(かっこんとう)など
構成生薬のうち、生姜、桂枝の組み合わせにより、悪寒発熱などの軽い感冒症状の改善に使用される。

生姜瀉心湯(しょうきょうしゃしんとう)、六君子湯(りっくんしとう)
構成生薬のうち、生姜、大棗の組み合わせにより、胃腸を温め、機能を整える。

小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)、小柴胡湯(しょうさいことう)、大柴胡湯(だいさいことう)など
構成生薬のうち、生姜、半夏の組み合わせにより、止嘔作用を増強する。

六君子湯(りっくんしとう)、四君子湯(しくんしとう)
構成生薬のうち、生姜、人参の組み合わせにより、胃の働きを補い、止嘔・食欲増進を増強する。

呉茱萸湯(ごしゅゆとう)
構成生薬のうち、生姜、呉茱萸の組み合わせにより、胃を温め、胃内停水を除き、嘔吐を止める。

六君子湯(りっくんしとう)、茯苓飲(ぶくりょういん)
構成生薬のうち、生姜、陳皮の組み合わせにより、胃の働きを補い、嘔吐、食欲不振、腹部膨満感、腹痛、下痢を改善する。

梔子生姜豉湯(しししょうきょうしとう)
構成生薬のうち、生姜、梔子の組み合わせにより、嘔吐と煩躁を改善する。

真武湯(しんぶとう)
構成生薬のうち、生姜、朮、附子の組み合わせにより、冷えやめまいを安定させる。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
構成生薬のうち、生姜、半夏、厚朴の組み合わせにより、発汗後の胃部膨感を改善する。

貯法 密閉容器
備考 漢方で生姜とは、生の生姜(ショウガ)いわゆる「ヒネショウガ」(漢方では鮮姜ともいう)のことで、日本薬局方ショウキョウは漢方の乾生姜にあたる。
通常、処方集などで生姜と記されている場合は、ヒネショウガを記載された分量用いるか、乾生姜を記載されている処方分量の1/3~1/4量に減じて用いる。
糖類のsucroseは生姜(ショウキョウ)では認められない。乾姜を参照。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.