Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
センキュウ   ( 川芎 )
英名 Cnidium Rhizome 生薬ラテン名 CNIDII RHIZOMA
センキュウ
生薬名:センキュウ
センキュウ
植物名:センキュウ
基原 センキュウCnidium officinale Makino (Umbelliferae セリ科) の根茎を、通例、湯通ししたもの
調製 秋期に茎葉が黄色になり始めたころに掘り上げ、半乾にして60 ~ 80℃の湯に 15 ~ 20分間芯まで熱が通るくらいまで浸した後、稲架(はさ)掛けにして乾燥する。
産地 北海道が主で、岩手・群馬・富山・新潟県で栽培。
性状 不規則な塊状を呈し、ときには縦割され、長さ5 ~ 10 cm、径3 ~ 5 cmである。外面は灰褐色~暗褐色で、重なり合った結節があり、その表面にこぶ状の隆起がある。縦断面は辺縁が不整に分枝し、内面は灰白色~灰褐色、半透明でときにはうつろがある。本品の質は密で堅い。
特異なにおいがあり、味は僅かに苦い。
成分 フタリド類:cnidilide、neocnidilide、ligustilide、senkyunolide、 butylphthalide、butylidenephthalide、 senkyunolide B ~Jなど
その他:pregnenolone、 vanillin、 coniferyl ferulate、 ferulic acidなど
選品 肥大し、外面が暗褐色、内面が黄白色で充実し、においや味が強いものが良品とされる。
適応 漢方処方用薬:駆瘀血・鎮痛・鎮静・強壮作用があり、冷え性、生理不順など婦人病の薬方に配合される。
生薬製剤:婦人病の家庭薬原料に常用される。
民間薬:茎葉を浴湯に用いる。
漢方
処方例

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、温経湯(うんけいとう)、芎帰膠艾湯(きゅうきこうがいとう)
構成生薬のうち、川芎、当帰の組み合わせにより、貧血、冷え性、生理異常、血の道などを改善する。

疎経活血湯(そけいかっけつとう)、川芎茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)、清上蠲痛湯(せいじょうけんつうとう)
構成生薬のうち、川芎、羗活(きょうかつ)、白芷(びゃくし)、防風の組み合わせにより、頭痛・神経痛などの鎮痛作用を強める。

治打撲一方(じだぼくいっぽう)
構成生薬のうち、川芎、樸樕(ぼくそく)、桂枝の組み合わせにより、打撲による内出血、腫れ、痛みに効果がある。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
構成生薬のうち、川芎、荊芥、防風、桔梗の組み合わせにより、化膿性皮膚疾患のかゆみ、炎症に使用される。

貯法 密閉容器
備考 結節の節間が延びて細長い根茎となり、小さな塊状根茎が数個連なっているものは「そろばん」と称し、質が劣る。
中国における芎窮と称するもの(Ligusticum chuanxiong)は日本の川芎と基原植物が異なっているので、日局には適合しない。
性状記載の「半透明でときにはうつろがある」の“うつろ”は“空ろ”と書く。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.