Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
センブリ   ( 当薬 )
英名 Swertia Herb 生薬ラテン名 SWERTIAE HERBA
センブリ
生薬名:センブリ
センブリ
植物名:センブリ
基原 センブリSwertia japonica Makino (Gentianaceae リンドウ科)の開花期の全草である。
調製 秋の開花期に全草を採取し、手早く乾燥する。
産地 日本(長野、高知など)
性状 花、対生する葉、茎及び通例短い木質の根からなり、長さ20 cmに達する。茎は方柱形で、径約0.2 cm、しばしば分枝する。葉及び茎は暗緑色~暗紫色又は黄褐色で、花は白色~類白色、根は黄褐色を呈する。水に浸してしわを伸ばすと、葉は線形~狭ひ針形で、長さ1 - 4 cm、幅0.1 - 0.5 cm、全縁で無柄である。花冠は5深裂し、裂片は狭長だ円形で、ルーペ視するとき、内面の基部に2個の楕円形の蜜腺が並列し、その周辺はまつ毛状を呈する。雄ずいは5個で、花冠の筒部から生じ、花冠の裂片と交互に配列する。花柄は明らかである。
僅かににおいがあり、味は極めて苦く、残留性である。
成分 セコイリドイド配糖体(苦味成分):swertiamarin、sweroside、gentiopicroside、amarogentin、 amaroswerin
キサントン誘導体:swertianin、swertianolinなど
その他:トリテルペン及びその配糖体、フラボノイド、揮発成分など
選品 換算した生薬の乾燥物に対し、スウェルチアマリン2.0%以上を含み、苦味の強い物が良い。
適応 胃弱、食欲不振、胃部・腹部膨満感、消化不良、食べ過ぎ、飲み過ぎ、胃のむかつきに、服用する。
漢方
処方例
漢方処方としては使用しない。

貯法 密閉容器
備考 民間薬として使用される。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.