Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ソウジュツ   ( 蒼朮 )
英名 Atractylodes Lancea Rhizome 生薬ラテン名 ATRACTYLODIS LANCEAE RHIZOMA
ソウジュツ
生薬名:ソウジュツ
ホソバオケラ
植物名:ホソバオケラ
基原 ホソバオケラ Atractylodes lancea De Candolle、Atractylodes schinensis Koidzumi 又はそれらの雑種(Compositae キク科)の根茎。
調製 秋頃、根茎を掘り上げ、泥土、地上部、細根などを除いた後、乾燥する。
産地 中国(湖北、江西、江蘇、河北、河南省など)
性状 不規則に屈曲した円柱形を呈し、長さ3~1Ocm、径1~2.5cm、外面は暗灰褐色~暗黄褐色である。横切面はほぼ円形で、淡褐色~赤褐色の分泌物による細点を認める。しばしば白色綿状の結晶を析出する。
特異なにおいがあり、味は僅かに苦い。
成分 セスキテルペノイド:β-eudesmol,hinesol,atractylon
ポリアセチレン化合物:atractylodin,atractylodinol
選品 連珠状で、質が充実し、横切面に斑点が多数みられ、芳香が強く、油性のものが良品である。
適応 漢方処方用薬:消化管及び皮下組織中におこる水分代謝の異常に対し、健胃、整腸、利水、発汗などの効果を期待して、薬方に配合される。
漢方
処方例

平胃散(へいいさん)、加味平胃散(かみへいいさん)、人参養胃湯(にんじんよういとう)
構成生薬のうち、蒼朮、厚朴の組み合わせにより、健胃作用を発揮する。

疎経活血湯(そけいかっけつとう)、二朮湯(にじゅつとう)
構成生薬のうち、蒼朮、羌活威霊仙の組み合わせにより、筋肉痛、神経痛、関節痛などの痛みを改善する。

消風散(しょうふうさん)
構成生薬のうち、蒼朮、当帰、石膏の組み合わせにより、慢性の湿疹・かゆみを改善する。

貯法 密閉容器
備考 白色のatractylodinは光に不安定で、光にあたると各種溶媒に不溶な黒色重合体に変化する。
蒼朮の綿状結晶は組織中の油室(油点)に存在するβ-eudesmol、hinesolなどが昇華し、根茎の表面に結晶として現れたものである。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.