Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ソウハクヒ   ( 桑白皮 )
別名 桑根白皮  ソウコンハクヒ
英名 Mulberry Bark 生薬ラテン名 MORI CORTEX
ソウハクヒ
生薬名:ソウハクヒ
マグワ
植物名:マグワ
基原 マグワ Morus alba Linné (Moraceae クワ科) の根皮。
調製 春、発芽前に根を掘り起こし、細根を除き、皮をはぎとり、そのまま、又はコルク皮を除いて乾燥する。
産地 中国(河南、安徽、四川、湖北など)。
性状 管状、半管状又は帯状の皮片で、厚さ1~ 6 mm、しばしば細かく横切される。外色は白色~黄褐色を呈し、周皮を付けたものは、周皮が黄褐色ではがれやすく、多くの細かい縦じわと赤紫色で横長の皮目が多数ある。内面は暗黄褐色で、平である。横切面は繊維性で白色~淡褐色である。
僅かににおい及び味がある。
成分 トリテルペン類:prenylflavone誘導体(morusin、kuwanon A ~ H)
その他:moran A、 含窒素化合物、moranolin
選品 皮が薄く、色は白色~淡黄色に近いものが良い。晒して調製した灰白色のものは劣る。
適応 漢方処方用薬:消炎・利尿・鎮咳作用があり、気管支炎や喘咳(ぜんがい)を治療する薬方に配合される。民間療法として尿量が減少しているときに、クワの根を煎じて服用する。
中国では糖尿病の初期に使用している。
漢方
処方例

五虎湯(ごことう)、清肺湯(せいはいとう)、杏蘇散(きょうそさん)
構成生薬のうち、桑白皮、杏仁の組合せで、咳嗽(がいそう)、呼吸困難などに用いる。

清肺湯(せいはいとう)、杏蘇散(きょうそさん)
構成生薬のうち、桑白皮、桔梗の組み合わせで肺の炎症をとり去痰に用いる。

貯法 密閉容器
備考 過去には同属植物として国内の野生のヤマグワ M. bombycis Koidzumi 由来のものも用いられていた。
民間では、クワの根・葉を高血圧症の予防に、果実を疲労回復に薬用酒としていた。葉は桑葉茶(そうようちゃ)として糖尿病に用いられていた。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.