Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
タクシャ   ( 沢瀉 )
英名 Alisma Tuber 生薬ラテン名 ALISMATIS TUBER
タクシャ
生薬名:タクシャ
サジオモダカ
植物名:サジオモダカ
基原 サジオモダカAlisma orientale Juzepczuk (Alismataceae オモダカ科) の塊茎で、通例、周皮を除いたもの。
調製 11月ごろ掘りとり、葉柄及び細根を除き、表皮をほとんど除いて乾燥する。
産地 中国(四川・福建省)、韓国で栽培。
性状 球円形~円錐形を呈し、長さ3~8 cm、径3~5 cm、ときには2~4に分枝して不定形を呈するものがある。外面は淡灰褐色~淡黄褐色で、僅かに輪帯があり、根の跡が多数の小さいいぼ状突起として存在する。断面はほぼ密で、その周辺は灰褐色、内部は白色~淡黄褐色である。質はやや軽く、砕きにくい。
わずかににおいがあり、味はやや苦い。
成分 四環性トリテルペン:alisol B monoacetate、alisol B、alisol Aなど
セスキテルペン:alismol、alismoxide、 orientarol A,B, C など
選品 肥大重質のもので、断面が淡黄白色のものが良品。
適応 漢方処方用薬:止渇・利尿作用があり、めまいを治す。
漢方
処方例

沢瀉湯(たくしゃとう)
構成生薬のうち、沢瀉、朮の組み合わせにより、激しいめまいを治す。

五苓散(ごれいさん)、猪苓湯(ちょれいとう)
構成生薬のうち、沢瀉、茯苓、猪苓の組み合わせにより、尿量減少して、むくみや口渇のあるときの症状に使用する。

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)
構成生薬のうち、沢瀉、半夏、天麻の組み合わせにより、慢性化しためまい、頭痛に使用する。

八味丸(はちみがん)、六味丸(ろくみがん)
構成生薬のうち、沢瀉、山茱萸、山薬の組み合わせにより、頻尿や口渇、残尿感を治す。

竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)
構成生薬のうち、沢瀉、木通、竜胆の組み合わせにより、腎、膀胱系の炎症をとり、血尿、むくみ、小便不利を治す。

貯法
備考 四川省及びその周辺地域から産出される川沢瀉(せんたくしゃ)、福建省及びその周辺地域から産出される建沢瀉(けんたくしゃ)がよく知られている。近年は川沢瀉の流通量が多い。また、これら産地に由来する沢瀉が省を超えて栽培されている。以前は台湾産、国内産の生薬も見られたが現市場では見られない。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.