Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
チモ   ( 知母 )
英名 Anemarrhena Rhizome 生薬ラテン名 ANEMARRHENAE RHIZOMA
チモ
生薬名:チモ
ハナスゲ
植物名:ハナスゲ
基原 ハナスゲAnemarrhena asphodeloides Bunge (Liliaceae ユリ科)の根茎。
調製 春又は秋に根茎を掘り出し、地上部と根を除いて陰干しにする(毛知母:もうちも)。また、外皮を削り取り天日で乾燥する(知母肉:ちもにく)。
産地 中国(河北、山西、甘粛、陜西、内蒙古、東北地方)
性状 やや扁平なひも状を呈し、長さ3~15 cm、径0.5~1.5 cm、わずかに湾曲してしばしば分岐する。外面は黄褐色~褐色を呈し、上面には一条の縦溝と毛状となった葉しょうの残基又は跡がた細かい輪節となり、下面には多数の円点状のくぼみとなった根の跡がある。質は軽くて折りやすい。横切面は淡黄褐色を呈する。
弱いにおいがあり、味は僅かに甘く、粘液性で、後に苦い。
成分 サポニン類、フェノール性成分、グリカン類、キサントン配糖体(mangiferinなど)、ニコチン酸、パントテン酸など。
選品 充実肥大してひげ根のないものが良品である。
適応 漢方処方用薬:解熱・滋潤・止渇・血糖降下作用があり、発熱による下痢、便秘、脱水、排尿障害を治す薬方に配合される。
漢方
処方例

白虎湯(びゃっことう)類
構成生薬のうち、知母、石膏の組み合わせにより、発熱性の感染症による高熱、口渇、煩渇を改善する。

桂枝芍薬知母湯 (けいししゃくやくちもとう)
構成生薬のうち知母、附子の組み合わせにより、湿邪が久しく体にあって、患部がやせ衰え疼痛するときに使われる。

酸棗仁湯(さんそうにんとう)
構成生薬のうち、知母、人参酸棗仁の組み合わせにより、体力が衰え、神経が昂ぶり、不眠になるときに使用される。

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)
構成生薬のうち、知母、黄芩梔子の組み合わせにより、胸部に熱があり、気管支炎や肺炎などで咳や粘稠な痰があるときに使用する。

貯法 密閉容器
備考 表面をみがいた光知母(こうちも)と称するものもある。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.