Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
チョウジ   ( 丁香、丁子 )
英名 Clove 生薬ラテン名 CARYOPHYLLI FLOS
チョウジ
生薬名:チョウジ
チョウジ
植物名:チョウジ
基原 チョウジSyzygium aromaticum Merrill et Perry (Eugenia caryophyllata Thunberg)(Myrtaceae フトモモ科)のつぼみである。
調製 8~9月、つぼみが紅色を帯び始めたとき、採集し、花柄を除去した後、日干しする。又は50℃以下で火力乾燥する。
産地 モルッカ諸島原産、アンボイナ島、マレー半島西岸のペナン島、アフリカ東岸のペンバ、ザンジバル、マダガスカル、レユニオンなどの諸島に栽培されている。
性状 暗褐色~暗赤色を呈し、長さ 1 ~ 1.8 cm、やや偏平な四稜柱状の花床と、その上端には厚いがく片4枚及び4枚の膜質花弁とがあり、花弁は重なり合いほぼ球形を呈する。花弁に包まれた内部には多数の雄ずいと1本の花柱とがある。
強い特異なにおいがあり、舌をやくようで、後に僅かに麻痺する。
成分 フェニルプロパノイド:acetyleugenol、chavicolなど
セスキテルペノイド:α-caryophyllene、β-caryophyllene、humulene、carophylla - 4(12), 8(13)-dien-5β-ol、carophylla-3,8 (13)-dien-5α-olなど
クロモン配糖体:eugenosideⅠ,Ⅱ
タンニン:eugeniin、1-desgalloyleugeniin、2-desgalloyleugeniin
アルカロイド:higenamine
フラボノイド:rhamnetin、kaempferol
その他:精油(15 ~ 20%)、eugenol (37 ~ 63%)、脂肪油、ろうなど
選品 外観は潤いがあり、芳香強く、茎や異物の少ないものが良い。
適応 漢方処方用薬:理気・健胃・止嘔作用があり、シャックリや食欲不振などを改善する薬方に配合される。
チョウジ油の製剤原料。健胃薬の生薬製剤に配合。
漢方
処方例

柿蔕湯・丁香柿蔕湯
構成生薬のうち、丁子・柿蔕の組み合わせによりシャックリを止める。

治打撲一方(ちだぼくいっぽう、じだぼくいっぽう)・女神湯
構成生薬のうち、丁子・桂皮の組み合わせにより血行を促し、うっ血性の疾患を治す。

貯法 密閉容器
備考 4世紀ごろ地中海地方に知られていたが、原産地がモルッカ諸島であることは15世紀の中期に判明した。
1606年以降これらの諸島を領有したオランダ政府により、ニクズクと共に専売制がしかれたが、18世紀にはアフリカに伝えられ、現在はむしろこの地方に多く産する。
中国では宋代の開宝本草に収載されているが、薬用として使われることは少なかった。
初版日本薬局方から収載されている。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.