Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
チョウトウコウ   ( 釣藤鈎、釣藤鉤 )
英名 Uncaria Hook 生薬ラテン名 UNCARIAE UNCIS CUM RAMULUS
チョウトウコウ
生薬名:チョウトウコウ
カギカズラ
植物名:カギカズラ
基原 カギカズラ Uncaria rhynchophylla Miquel, Uncaria sinensis Haviland 又はUncaria macrophylla Wallich (Rubiaceae アカネ科)の通例、かぎ状のとげである。
調製 秋口に蔓を採集し、かぎの両端の蔓を0.5~1 cm 程の部分を切って収穫し、乾燥する。
産地 中国(四川、貴州、雲南、広西、江西、湖南、浙江、福建、広東など)。
性状 かぎ状のとげ又はとげが対生又は単生する短い茎からなる。とげは長さ1 ~ 4 cmで、 湾曲して先端はとがり、外面は赤褐色~暗褐色、又は黄褐色を呈し、毛を付けるものもある。横切面は長楕円形~楕円形で、淡褐色を呈する。茎は細長い方柱形~円柱形で、径2 ~ 5 mm、外面は赤褐色~暗褐色、又は黄褐色を呈し、横切面は方形で、髄は淡褐色で方形~楕円形を呈するか又は空洞化している。質は堅い。
ほとんどにおいがなく、味はほとんどない。
成分 アルカロイド:rhynchophylline、corynoxeine、isorhynchophylline、isocorynoxeine、hirsutine、hirsutein など
その他:ポリフェノール、uncaric acid A、uncaric acid Bなど
選品 換算した生薬の乾燥物に対し、総アルカロイド(リンコフィリン及びヒルスチン) 0.03%以上を含み、茎が少なくかぎが二個ついていて蔓茎先端近くで茎が細いものが良品である。
適応 漢方処方用薬:小児のひきつけ、疳の虫、高血圧による頭痛・めまいなどを治する薬方に配合される。
漢方
処方例

七物降下湯(しちもつこうかとう)
構成生薬のうち、釣藤鈎、当帰、川芎(せんきゅう)、芍薬、地黄の組み合せで体質虚弱な人の高血圧に作用する。

釣藤散(ちょうとうさん)
構成生薬のうち、釣藤鈎、菊花、石膏の組み合わせで高血圧の傾向のある人の頭痛に作用する。

抑肝散(よくかんさん)
構成生薬のうち、釣藤鈎、柴胡の組み合せで神経の昂ぶりを抑える作用がある。

貯法 密閉容器
備考 とげが対生しているものを双釣藤(そうちょうとう)、とげが一個のものを単釣藤(たんちょうとう)といわれている。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.