Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
テンモンドウ   ( 天門冬 )
英名 Asparagus Root 生薬ラテン名 ASPARAGI RADIX
テンモンドウ
生薬名:テンモンドウ
クサスギカズラ
植物名:クサスギカズラ
基原 クサスギカズラAsparagus cochinchinensis Merrill (Liliaceae ユリ科)の根を、湯通し又は蒸したもの。
調製 5月頃掘り出し、コルク化した外層の大部分を除き、蒸した後、乾燥する。
産地 中国(貴州、四川、雲南、広西、浙江、湖北)
性状 紡錘形~円柱形を呈し、長さ5 ~ 15 cm、径5 ~ 20 mm、外面は淡黄褐色~淡褐色を呈し、半透明で、しばしば縦じわがある。質は柔軟性であるか、又は堅い。折面は灰黄色で艶があり、やや角質様である。
特異なにおいがあり、味は初め甘く、後僅かに苦い。
成分 アミノ酸類:asparagine
サポニン類:Asp IV,V, VI,VII、asparasaponin I、methylprotodioscin、pseudoprotodioscin、protodioscin
その他:多糖類、デンプン、β-sitosterolなど
選品 根が太くて長く、あめ色を呈し甘味の強い潤いのあるものが良い。
適応 漢方処方用薬:鎮咳・利尿・滋養強壮・緩和作用があり、便秘、糖尿病、肺壊疽、肺膿瘍などに使用される薬方に配合される。
漢方
処方例

滋陰降火湯(じいんこうかとう)、清肺湯(せいはいとう)
構成生薬のうち、天門冬、麦門冬の組み合わせにより、虚弱者、高齢者などの慢性の咳や粘稠な痰を改善する。

貯法 密閉容器
備考 貴州産で四川に集荷されたものを川天冬、浙江省のものを温天冬、湖北産のものを湖天冬と称する。
基原植物に類似したタチテンモンドウAsparagus cochinchinensis var. pygnaeusは薬用としては利用されない。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.