Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
トウキ   ( 当帰 )
英名 Japanese Angelica Root 生薬ラテン名 ANGELICAE ACUTILOBAE RADIX
トウキ
生薬名:トウキ
トウキ
植物名:トウキ
基原 トウキ Angelica acutiloba Kitagawa 又はホッカイトウキ Angelica acutiloba Kitagawa var. sugiyamae Hikino (Umbelliferae セリ科)の根を、通例、湯通ししたもの。
調製 秋に掘りとり4~5本を一束とし、茎葉を付けたままの状態にして、藁縄で一括りし、上部の葉を切り落として稲架(はさ)に掛け、翌年の2月頃まで放置し、乾燥させる。2月の晴天の暖かい日を選び、湯揉み洗いをする。たらい又は桶を用意し、70 ~ 80℃の湯を入れ、まな板様の板を用意し、この上に稲架の当帰を置き、丁寧に根の先端から基部にかけて両手で揉む。根の間の土や小石を落とし、きれいな馬尾状(ばびじょう)に形を整え、再び稲架に掛けて乾燥する。又、北海道では10月~11月に掘りとり、土を除去したのち水洗し、風乾又は加熱乾燥して仕上げる。
産地 群馬・岩手・青森・奈良・和歌山県、北海道で栽培。中国で栽培。
性状 太くて短い主根から多数の根を分枝して、ほぼ紡錘形を呈し、長さ 10~25 cm、外面は暗褐色~赤褐色で、縦じわおよび横長に隆起した多数の細根の跡がある。根頭(こんとう)にわずかに葉しょうを残している。折面は暗褐色~黄褐色を呈し、平らである。
特異なにおいがあり、味は僅かに甘く、後にやや辛い。
成分 精油:ligustilide、butylidene phthalide、butylphthalide、safrole、isosafrole, bergapteneなど
ポリアセチレン化合物:falcarinol、falcarindiol、falcarinolone
クマリン類:scopoletin、 umbelliferone
その他:vanillic acid、 choline、多糖物質、β-carboline 誘導体など
選品 肉質が充実し、枝根が少なく、柔軟で芳香があり、辛味が強く、甘味のあるものが良品である。主根が木質化したものや、脆いものは不良品である。
適応 漢方処方用薬:生理異常、貧血、自律神経の乱れなどを改善する薬方に配合される。
生薬製剤:家庭薬の婦人薬(実母散、中将湯など)の主薬として配合される。
漢方
処方例

当帰芍薬散四物湯
構成生薬のうち、当帰・川芎(せんきゅう)の組み合わせで冷え、貧血、生理不順などに作用する。

当帰建中湯疎経活血湯(そけいかっけつとう)
構成生薬のうち、当帰、芍薬の組み合わせで腹痛、腰痛などの痛みに作用する。

潤腸湯(じゅんちょうとう)
構成生薬のうち、当帰、大黄、杏仁、桃仁などの組み合わせで便秘に作用する。

内托散(ないたくさん)
構成生薬のうち、当帰、黄耆の組み合わせで気血不足による諸症状を改善する。

貯法 密閉容器
備考 唐当帰(中国産当帰)、および韓当帰(韓国産当帰)は基原植物が異なり、該当しない。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.