Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ニクジュヨウ   ( 肉蓯蓉 )
英名 Cistanche Herb 生薬ラテン名 CISTANCHIS HERBA
ニクジュヨウ
生薬名:ニクジュヨウ

植物名:
基原 1) Cistanche salsa G. Beck、 2) Cistanche deserticola Y. C. Ma 又は3) Cistanche tubulosa Wight (Orobanchaceae ハマウツボ科)の肉質茎である。ただし開花したものでは花序を除く。
調製 秋頃、根及び根茎を掘りあげ、泥土、地上部、ひげ根を取り除いた後、乾燥する。
産地 中国
性状 1) Cistanche salsa に由来 偏平な円柱形で、長さ5 - 25 cm、径1 - 2.5㎝である。一端はやや細くなり湾曲しているものが多い。外面は褐色~黒褐色を呈し、肉質のりん片で覆われる。質は肉質で充実し、やや柔らかく油性を帯び、折りにくい。折面は黄褐色~褐色を呈し、淡褐色の維管束が波状の環を形成する。
特異なにおいがあり、味はわずかに甘く、後にわずかに苦い。
2) Cistanche deserticola に由来 偏平な円柱形で1)と同様であるが、大形で長さ5 - 50 cm、径1 - 8 cmである。
特異なにおいがあり、味はわずかに甘く、後にわずかに苦い。
3) Cistanche tubulosa に由来 偏平な紡錘形~円柱形で、やや湾曲し、長さ5 - 25 cm、径2 - 9 cmである。外面は褐色~黒褐色を呈し、肉質のりん片で覆われる。質は緻密で堅く、折りにくい。折面は淡灰褐色~黄褐色を呈し、黄白色の維管束が全体に散在する。
特異なにおいがあり、味はわずかに甘く、後にわずかに苦い。
成分 フェニルエタノイド配糖体:cistanoside A、cistanoside C、cistanoside F、echinacoside、syringalide A 3'-α-l-rhamnopyranoside、tubuloside A、tubuloside B 2'-acetylacteoside、verbacoside (acteoside)、acteoside isomer
選品 良く肥大して、りん片が整い、黒褐色で湿った感じのものが良い。
適応 強壮・強精
漢方
処方例
通常、漢方処方用薬には使用しない。

貯法 密閉容器
備考 国内に自生するオニク Boschniakia rossica の全草を基原とするものは、日本薬局方外生薬規格2015改正において「ワニクジュヨウ」として規定されている。
verbacoside (ベルバコシド):一般的成分名としては、アクテオシド(acteoside)が広く用いられるが、日本薬局方の「ニクジュヨウ」の確認試験では、確認成分名として論文収載時期の早いベルバコシドを用いている。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.