Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ニクズク   ( 肉豆蔲 )
英名 Nutmeg 生薬ラテン名 MYRISTICAE SEMEN
ニクズク
生薬名:ニクズク
 

(写真準備中)

 
植物名:ニクズク
基原 ニクズク Myristica fragrans Houttuyn (Myristicaceae ニクズク科)の種子で、通例、種皮を除いたものである。
調製 完熟した果実を採取し、果皮と仮種皮を取り、天日乾燥する。乾燥後そのまま出荷するか種皮を除いて出荷する。
産地 東インド諸島、モルッカ諸島
性状 卵球形~長球形で、長さ1.5 ~ 3.0 cm、径1.3 ~ 2.0 cm である。外面は灰褐色を呈し、縦に走る広くて浅い溝と網目様の細かいしわがある。通例、一端には灰白色~灰黄色の僅かに突出したへそがあり、他端には灰褐色~暗褐色の僅かにくぼんだ合点がある。切面は暗褐色の薄い外胚乳が淡黄白色~淡褐色の内乳に不規則に入り込んで、大理石様の模様を呈する。
特異な強いにおいがあり、味は辛くて僅かに苦い。
成分 精油:α-camphene、α-pinene、myristicin
脂肪:myristic acid
選品 外面は淡褐色で卵円形、切面は大理石様の褐色紋理があって、大きく重く虫食いのないものが良い。
適応 香辛料とし、肉豆蔲油および肉豆蔲脂製造用とする。下痢をおさえる。
漢方
処方例
通常、漢方処方としては用いない。

貯法 密閉容器
備考 乾燥した仮種皮はメース(香辛料)として食用にする。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.