Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
バクモンドウ   ( 麦門冬 )
英名 Ophiopogon Root 生薬ラテン名 OPHIOPOGONIS RADIX
バクモンドウ
生薬名:バクモンドウ
ジャノヒゲ
植物名:ジャノヒゲ
基原 ジャノヒゲ Opiopogon japonicus Ker-Gawler (Liliaceae ユリ科)の根の膨大部。
調製 5月頃に掘り取り土を振り落とし、根の膨大部のみを取り、水洗後乾燥する(長麦〔ちょうばく〕)。または、水に浸した後、中心柱を抜き去り、両端を圧縮し、楕円形にして乾燥する(丸麦〔まるばく〕)。
産地 中国(浙江、四川省など)で生産。
性状 紡錘形を呈し、長さ1 ~ 2.5 cm、径0.3 ~ 0.5 cm、一端はややとがり、他端はやや丸みを帯びる。外面は淡黄色~淡黄褐色で、大小の縦じわがある。折るとき皮層(ひそう)は柔軟であるがもろく、中心柱は強じんである。皮層の折面は淡黄褐色を呈し、やや半透明で粘着性がある。
僅かににおいがあり、味は僅かに甘く、粘着性である。
成分 ステロイド配糖体:ophiopogonin A,B,C,D
その他:oligosaccharide、ホモイソフラボノイド、 粘液質、ボルネオール誘導体、多糖類など
選品 潤いがあり、淡黄色で柔軟で肥えたものが良品である。
適応 漢方処方用薬:鎮咳、去痰、止渇、滋養強壮作用を期待する薬方に配合される。
漢方
処方例

麦門冬湯(ばくもんどうとう)、竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)
構成生薬のうち、麦門冬、人参半夏の組み合わせで鎮咳(肺熱)の作用が有る。

清肺湯(せいはいとう)
構成生薬のうち、麦門冬、当帰、貝母(ばいも)の組み合わせで鎮咳(肺寒)の作用がある。

滋陰降火湯(じいんこうかとう)
構成生薬のうち、麦門冬、天門冬の組み合わせで慢性の咳や粘稠の痰を取る作用がある。

清暑益気湯(せいしょえっきとう)、生脈散(しょうみゃくさん)、炙甘草湯(しゃかんぞうとう)
構成生薬のうち、麦門冬、人参の組み合わせで不整脈、全身倦怠感、食欲不振などを改善する作用がある。

清心蓮子飲(せいしんれんしいん)
構成生薬のうち、麦門冬、蓮肉、地骨皮の組み合わせで慢性的な煩燥(はんそう)や不眠、口渇、排尿異常に作用する。

貯法 密閉容器
備考 中国では Ophiopogon chekiangensis を基原とする杭麦冬(こうばくとう)もある。
同類植物にナガバジャノヒゲ O. ohwii、オオバジャノヒゲ O. planiscapusがあり、類似生薬に大葉麦門冬ヤブラン Liriope platyphylla(ユリ科)があるがこれは該当しない。
民間薬:ヤブランの塊根を暑気当りや乳汁不足に使用する。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.