Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ハンゲ   ( 半夏 )
英名 Pinellia Tuber 生薬ラテン名 PINELLIAE TUBER
ハンゲ
生薬名:ハンゲ
カラスビシャク
植物名:カラスビシャク
基原 カラスビシャクPinellia ternata Breitenbach (Araceae サトイモ科)のコルク層を除いた根茎。
調製 7~8月に採集し、泥砂を洗い落としたのち、ひげ根と外皮を除き、陽乾又は加熱乾燥する。
産地 中国(四川、湖北、安徽、江蘇、雲南、貴州、山東)
性状 やや扁圧された球形~不整形を呈し、径 0.7 ~ 2.5 cm、高さ 0.7 ~ 1.5 cm である。外面は白色~灰白黄色で、上部には茎の跡がくぼみとなり、その周辺には根の跡がくぼんだ細点となっている。質は充実する。切面は白色、粉性である。
ほとんどにおいがなく、味は初めなく、やや粘液性で、後に強くえぐ味を残す。
成分 刺激物質:homogentisic acid(えぐ味)
フラボノイド:apigenin 6,8-C-diglycoside
その他:アミノ酸、脂肪酸、多糖体など
選品 粒が大きく、外面および内面の色が白く、粉性があり、内面の質が充実してえぐ味の強いもの。
適応 漢方処方用薬:胃内停水による嘔吐、咳を鎮め、痰を去る。唾液分泌を亢進し、咽喉痛を収める。
漢方
処方例

小柴胡湯などの柴胡剤、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)
構成生薬のうち、半夏、生姜の組み合わせにより、痰の除去と鎮吐作用を目的として配合する。

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)、解急蜀椒湯(かいきゅうしょくしょうとう)
構成生薬のうち、半夏、乾姜の組み合わせにより、胃が冷えて嘔吐、しゃっくり、咳を改善する目的で配合する。

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)
構成生薬のうち、半夏、天麻の組み合わせにより、湿を除き、頭痛、めまいを治す。

貯法 密閉容器
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.