Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ウワウルシ  
英名 Bearberry Leaf 生薬ラテン名 UVAE URSI FOLIUM
ウワウルシ
生薬名:ウワウルシ
クマコケモモ
植物名:クマコケモモ
基原 クマコケモモ Arctostaphylos uva-ursi Sprengel(Ericaceae ツツジ科)の葉
調製 開花期(4 ~ 6月)に自生する葉を取り、陽乾又は火力乾燥する。
葉柄が少なく、破砕されておらず、葉身が厚く緑色の濃いものが良い。栽培は困難。
産地 スペイン、フランス、ドイツ
性状 倒卵形~へら形を呈し、長さ1 ~ 3 cm、幅0.5 ~ 1.5 cm、上面は黄緑色~暗緑色、仮面は淡黄緑色である。全縁で鈍頭又は円頭で時にはくぼみ、葉脚はくさび形で、葉柄は極めて短い。葉身は厚く、上面に特異な網状脈がある。折りやすい。
弱いにおいがあり、味は僅かに苦く、収斂性である。
成分 ハイドロキノン配糖体:arbutin(7 ~ 10 %)、methylarbutin
その他:タンニン類、没食子酸、ellagic acid、ursolic acid、quercetin、allantoin
選品 定量するとき、アルブチン7.0%以上を含み、破折が少なく、葉のみで枯葉の混じってないものがよい。
適応 尿路消毒・利尿剤として尿道炎、膀胱炎、腎盂腎炎などに用いる。
漢方
処方例
通常、漢方処方としては用いない。

貯法 密閉容器
備考 ウワウルシの果実の効用はヨーロッパで17世紀ごろから知られていた。19世紀前半になってから、葉の効用が、ヨーロッパ,アメリカで知られるようになり、日本へも伝えられた。最近は化粧品にも用いられている。
初版日本薬局方から収載。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.