Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ビャクシ   ( 白芷 )
英名 Angelica Dahurica Root 生薬ラテン名 ANGELICAE DAHURICAE RADIX
ビャクシ
生薬名:ビャクシ
ヨロイグサ
植物名:ヨロイグサ
基原 ヨロイグサAngelica dahurica Bentham et Hooker filius ex Franchet et Savatier(Umbelliferae セリ科)の根。
調製 秋に葉と茎が黄変するのを待って、掘りとり、土を除き茎葉をつけたまま、稲架(はさ)掛けにして乾燥する。翌年の春に茎葉を除き[調製]する。
産地 中国(浙江・河南・河北省)、韓国。
性状 主根から多数の長い根を分枝して、ほぼ紡錘形又は円すい形を呈し、長さ 10~25 cm である。外面は灰褐色~暗褐色で、縦じわ及び横長に隆起した多数の細根の跡がある。根頭(こんとう)にわずかに葉しょうを残し、密に隆起した輪節がある。横切面の周辺は灰白色で、中央部は暗褐色を呈するものがある。特異なにおいがあり、味は僅かに苦い。
成分 クマリン誘導体:byak-angelicin、byak-angelicol、imperatorin、phellopterin、oxypeucedanin、xanthotoxin、marmesin、scopoletin、anhydrobyak-angelicin、neobyak-angelicol
モノテルペン:α-pinene、camphene、 β-pinene、 myrcene、α-phellandrene、α-terpinene、p-cymene、 terpinolene
その他:4-vinylguiacol、 isoelemicin、β-elemene、caryophy llene、 ligustilideなど
選品 柔軟で、潤いがある。あるいは、質が固く、ともに香りの強いもの。
適応 漢方処方用薬:去風・鎮静・鎮痛・発散・排膿作用があり、かゆみ、頭痛、歯痛、神経痛、鼻炎、感冒などを治療する薬方に配合される。
漢方
処方例

川芎茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)、清上蠲痛湯(せいじょうけんつうとう)
構成生薬のうち、白芷、防風、川芎の組み合わせにより、産前産後の感冒、風熱による頭痛の改善に配合される。

疎経活血湯 (そけいかっけつとう)
構成生薬のうち、白芷、羗活、防風、川芎の組み合わせにより、身体を暖め血流を改善し、しびれ、関節痛、神経痛を治す。

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
構成生薬のうち、白芷、桔梗、枳実の組み合わせにより、にきび、皮膚炎、扁桃腺炎、中耳炎などの化膿性疾患を治療する。

貯法 密閉容器
備考 浙江省産を杭白芷(こうびゃくし)、河南省産を禹白芷(うびゃくし)、河北省産を祁白芷(ていびゃくし)と呼ばれている。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.