Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
エイジツ   ( 営実 )
別名 玉営実、営実仁  
英名 Rose Fruit 生薬ラテン名 ROSAE FRUCTUS
エイジツ
生薬名:エイジツ
ノイバラ
植物名:ノイバラ
基原 ノイバラRose multiflora Thunberg (バラ科 Rosaceae) の偽果又は果実。
調製 夏の終わりから秋にかけて、偽果又は果実を採集し、天日で乾燥する。
産地 中国、北朝鮮。
性状 偽果は球形、だ円球形又は扁球形を呈し、長さ5 ~ 9.5 mm、径3.5 ~ 8 mmである。外面は赤色~暗褐色で、滑らかで艶がある。しばしば一端に長さ約 10 mmの果柄を付け、他端にがく片のとれた五角形のがくの残基がある。内部には周壁に銀白色の毛が密生し、5 ~ 10個の成熟した堅果がある。堅果は不整有角性の卵形を呈し、長さ約 4 mm、径約 2 mmである。外面は淡黄褐色で、一端は鈍形で他端はややとがる。
僅かににおいがあり、花床(かしょう)は甘くて酸味がある。堅果は初め粘液様で、後に渋くて苦く、刺激性がある。
成分 フラボノイド配糖体:quercetinglucorhamnoside、kaempferolglucorhamnoside、multiflorin A、 quercitrin、afzelin
その他:methyl gallate、lycopinなど
選品 色が鮮やかで粒がそろい、果柄の少ないものが良品である。
適応 民間薬:利尿・瀉下作用があり、脚気、腎臓病、浮腫などにも用いられる。
漢方
処方例

貯法 密閉容器
備考 過去、基原植物の近縁植物としてテリハノイバラRosa wichuraianaが認められていたが、現在は市場に見られないため局方から除外された。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.