Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ボウショウ   ( 芒硝 )
英名 Sodium Sulfate Hydrate 生薬ラテン名 SAL MIRABILIS
ボウショウ
生薬名:ボウショウ

基原 主として硫酸ナトリウム(Na2SO4)の十水和物である。
乾燥したものは定量するとき、硫酸ナトリウム(Na2SO4:142.04) 99.0 %以上を含む。
調製 主に天然鉱物の芒硝を再結晶化して製する。
産地 中国(河北、河南、江蘇、山東省など)
性状 無色~白色の結晶又は結晶性の粉末で、においがなく、味は清涼感があり、塩辛い。
水に溶けやすく、無水エタノールにほとんど溶けない。
空気中で速やかに風解する。
成分 硫酸ナトリウム十水和物(Na2SO4・10H2O)
選品 無色透明、無臭、塊状の結晶のものが良品。
適応 緩下、清熱、腸内の津液を補い、便を軟らかくする作用があり、便秘、腹部膨満感を改善する薬方に配合する。
漢方
処方例

調胃承気湯(ちょういじょうきとう) 桃核承気湯(とうかくじょうきとう) 大承気湯(だいじょうきとう) 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん) 
構成生薬のうち、芒硝・大黄の組み合わせにより、胃腸の炎症による乾燥性便秘・胸腹部の煩悶・うわごとを伴う高熱・口渇を改善する。

貯法 密閉容器
備考 日本名別名;硫酸ナトリウム、硫酸ナトリウム十水和物。現在用いられている芒硝は含水硫酸ナトリウムであるが、正倉院薬物の芒硝は結晶硫酸マグネシウムと鑑定された。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2019 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.