Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ボウフウ   ( 防風 )
英名 Saposhnikovia Root and Rhizome 生薬ラテン名 SAPOSHNIKOVIAE RADIX
ボウフウ
生薬名:ボウフウ
トウスケボウフウ
植物名:トウスケボウフウ
基原 本品はSaposhnikovia divaricata Schischkin(Umbelliferae セリ科)の根及び根茎である。
調製 収穫は春と秋が可能であるが、原則秋に収穫する。根を掘り取り、茎、葉を取り去り、泥を除いて陰干しする。
産地 中国(黒竜江・吉林・内蒙古・山西・河北省、山東省の北部)で野生品を採取する。
性状 細長い円錐形を呈し、長さ15 – 20 cm、径0.7 - 1.5 cmである。外面は淡褐色で、根茎には密に輪節状の横じわがあり、褐色の毛状になった葉しょうの残基(茎?)を付けることがあり、根には多数の縦じわ及び細根の跡がある。横切面の皮部は灰褐色で、空げきが多く、木部は黄色である。
本品は弱いにおいがあり、味は僅かに甘い。
成分 クマリン誘導体及びクロモン誘導体、精油成分、ポリアセチレン化合物などを含む。
選品 根は肥大し、充実し、潤いがあり、根頭に毛筆様の残基(茎?)があるものが良い。
適応 漢方処方用薬:発汗、解熱、鎮痛作用があり、感冒、頭痛、身体疼痛を改善する薬方に用いる。
漢方
処方例

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)、荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)、清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)、消風散(しょうふうさん)
構成生薬のうち、防風、荊芥の組み合わせで、消炎作用があり、湿疹、化膿性皮膚疾患に利用される。

疎経活血湯(そけいかっけつとう)、大防風湯(だいぼうふうとう)、防風湯(ぼうふうとう)
構成生薬のうち防風、羗活の組み合わせで、止痛作用を強化する。

玉屏風散(ぎょくへいふうさん)
構成生薬のうち防風、黄耆の組み合わせで、発汗抑制作用をあらわし、虚証の風邪に使用される。

貯法 密閉容器
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.