Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ボタンピ   ( 牡丹皮 )
英名 Moutan Bark 生薬ラテン名 MOUTAN CORTEX
ボタンピ
生薬名:ボタンピ
ボタン
植物名:ボタン
基原 ボタンPaeonia suffruticosa Andrews (Paeonia moutan Sims) (Paeoniaceae ボタン科)の根皮。
調製 植え付け後、4~5年目の9月に掘り取り、側根をとり、水洗する。水洗後芯抜きを行う。乾かないうちに 5~10 cm に切断し、天日干しする。
産地 中国(山東・安徽・陜西・四川省など)、韓国。国内では奈良・長野県で栽培。
性状 管状~半管状の皮片で、厚さ約0.5 cm、長さ5 ~ 8 cm、径 0.8 ~ 1.5 cm である。外面は暗褐色~帯紫褐色(たいしかっしょく)で、横に長い小楕円形の側根の跡と縦じわがあり、内面は淡灰褐色~帯紫褐色を呈し、平らである。折面はきめが粗い。内面及び折面にはしばしば白色の結晶を付着する。
特異なにおいがあり、味は僅かに辛くて苦い。
成分 フェノール類:paeonol、paeonolide、paeonoside
モノテルペン:paeoniflorin、oxypaeoniflorin 誘導体
その他:タンニンなど
選品 1.0% 以上のペオノールを含み、外面が帯紫褐色で切面や内面に白色の結晶を付けペオノール独特の香気があるものが良品である。
適応 漢方処方用薬:消炎・鎮静・鎮痛・駆瘀血(くおけつ)作用があり、婦人病や下腹部、下肢、腰部の化膿症に用いられる薬方に配合される。
漢方
処方例

大黄牡丹皮湯、腸癰湯(ちょうようとう)
構成生薬のうち、牡丹皮、冬瓜子(とうがし)の組み合わせで下腹部の炎症性疼痛に用いる。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
構成生薬のうち、牡丹皮、桃仁の組み合わせで無月経、生理痛、下腹部の腫塊などに用いる。

貯法 密閉容器
備考 成分のペオニフロリンは腸内細菌でペオニメタボリンに代謝され効果を発揮する。腸内細菌には個人差があるため、効果に個人差が生ずるといわれている。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.