Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
マオウ   ( 麻黄 )
英名 Ephedra Herb 生薬ラテン名 EPHEDRAE HERBA
マオウ
生薬名:マオウ
Ephedra sinica Stapf
植物名:Ephedra sinica Stapf
基原 Ephedra sinica Stapf, Ephedra intermedia Schrenk et C.A.Meyer 又は Ephedra equisetina Bunge (Ephedraceae マオウ科)の地上茎。
調製 9~10月に草質茎を刈り取り、天日干しする。
産地 中国(遼寧、山西、陜西、河北)
性状 細い円柱状~楕円柱状を呈し、径0.1 ~ 0.2 cm、節間の長さ3 ~ 5 cm、淡緑色~黄緑色である。外面に多数の平行する縦溝があり、節部にはりん片状の葉がある。葉は長さ0.2 ~ 0.4 cm、淡褐色~褐色で、通例、対生し、その基部は合着して、筒状になっている。節間部を折るとき、折面の周辺部は繊維性で、縦に裂けやすい。
僅かににおいがあり、味は渋くて僅かに苦く、やや麻ひ性である。
成分 アルカロイド:(l)-ephedrine、(d)-pseudoephedrin、ephedroxane、
(l)-norephedrine、(l)-N-methylephedrine、(d)-N-methylpseudoephedrine
その他:オキサゾリジン誘導体、フラボノイド、タンニンなど
選品 換算した生薬の乾燥物に対し、総アルカロイド(エフェドリン及びプソイドエフェドリン) 0.7%以上を含み、茎が硬く、淡緑色で内心が充実し味が渋く、やや舌を麻痺する。褐色となったものや木質茎の混入のないものが良品である。
適応 漢方処方用薬:発汗、鎮痛、鎮咳、去痰、利尿作用があり、発熱悪寒、頭痛、身体疼痛、骨節痛、呼吸困難、喘咳(ぜんがい)、黄疸などを改善する薬方に配合される。
漢方
処方例

麻黄湯(まおうとう)、葛根湯(かっこんとう)
構成生薬のうち、麻黄、桂枝の組み合わせで発汗作用を増強する。

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
構成生薬のうち、麻黄、杏仁の組み合わせで鎮咳作用を増強する。

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)、越婢湯(えっぴとう)
構成生薬のうち、麻黄、石膏の組み合わせで、止汗、浮腫をさる。

大青竜湯(だいせいりゅうとう)
構成生薬のうち、麻黄、桂枝、石膏の組み合わせで大いに発汗させる。

麻杏薏甘湯(まきょうよくかんとう)、薏苡仁湯(よくいにんとう)
構成生薬のうち、麻黄、薏苡仁(よくいにん)の組み合わせで関節痛、筋肉痛を改善する。

麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)、麻黄附子甘草湯 (まおうぶしかんぞうとう)
構成生薬のうち、麻黄、附子の組み合わせで悪寒の多い急性熱病に用いられる。

貯法 密閉容器
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.