Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ヤクモソウ   ( 益母草 )
英名 Leonurus Herb 生薬ラテン名 LEONURRI HERBA
ヤクモソウ
生薬名:ヤクモソウ
メハジキ
植物名:メハジキ
基原 メハジキ Leonurus japonicus Houttuyn 又は Leonurus sibiricus Linné (Labiatae シソ科)の花期の地上部。
調製 夏の開花期に採集し、日干し乾燥する。
産地 日本、中国
性状 茎、葉及び花からなり、通例、横切したもの。茎は方柱形で、径0.2 ~ 3 cm、黄緑色~緑褐色を呈し、白色の短毛を密生する。髄は白色で断面中央部の多くを占める。質は軽い。葉は対生し、有柄で3全裂~3深裂し、裂片は羽状に裂け、終裂片は線状ひ針形で鋭頭、又は鋭尖頭、上面は淡緑色を呈し、下面は白色の短毛を密生し、灰緑色を呈する。花は輪生し、がくは筒状で上端は針状に5裂し、淡緑色~淡緑褐色、花冠は唇形で淡赤紫色~淡緑褐色を呈する。
僅かににおいがあり、味は僅かに苦く、収れん性である。
成分 フラボノイド:rutin
アルカロイド:leonurin、leonurisine、stachydrine
脂肪酸:linolric acid、linolenic acid
選品 茎が細く、質柔らかく、新鮮で緑色のものが良い。
適応 通経・収れん作用があり、婦人産後の止血・補精の目的で、薬方に配合される。
漢方
処方例

芎帰調血飲(きゅうきちょうけついん)・芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)
構成生薬のうち、益母草・当帰川芎牡丹皮など駆瘀血剤と配合され、瘀血を除き、腰痛・産後のおりもの・冷え症・生理不順を改善する。

貯法 密閉容器
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.