Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
劇薬
ロートコン   ( ロート根 )
英名 Scopolia Rhizome 生薬ラテン名 SCOPOLIAE RHIZOMA
ロートコン
生薬名:ロートコン
ハシリドコロ
植物名:ハシリドコロ
基原 ハシリドコロ Scopolia japonica Maximowicz, Scopolia carniolica Jacquin 又は Scopolia parviflora Nakai (Solanaceae ナス科)の根茎及び根である。
調製 我が国では、5~6月ごろ茎葉が枯死する前に根を掘り取り、ひげ根を去り水洗いし、筵(むしろ)に広げて日干しする。十分乾燥するには、約2ヶ月を要する。
産地 中国、韓国
性状 不規則に分枝する多少曲がった根茎からなり、長さ約15 cm、径3 cmに達し、時には縦割りされている。外面は灰褐色でしわがあり、ところどころくびれて分節し、先端にはまれに残茎がある。各節の上面には茎の跡があり、側面及び下面には根又はその残基がある。折面は粒状で灰白色~淡褐色を呈し皮部の色はやや薄い。
特有なにおいがあり、味は甘く、後に僅かに苦い。
成分 トロパンアルカロイド:(-)-hyoscyamine、atropine、(±)-scopolamine
オキシクマリン:scopoletin、scopolin
選品 よく肥大したもので、新鮮なものがよい。
適応 ロートエキスは胃酸過多、胃痛、胃痙攣、痙攣性便秘などに消化液分泌抑制の目的で用いる。
漢方
処方例
通常、漢方処方には使用しない。

貯法 密閉容器
備考 有毒である。専らロートエキスとして流通する。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.