Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
オウレン   ( 黄連 )
英名 Coptis Rhizome 生薬ラテン名 COPTIDIS RHIZOMA
オウレン
生薬名:オウレン
オウレン(セリバオウレン)
植物名:オウレン(セリバオウレン)
基原 オウレン Coptis japonica Makino, Coptis chinensis Franchet, Coptis deltoidea C. Y. Cheng et Hsiao又は Coptis teeta Wallich(Ranunculaceae キンポウゲ科)の根をほとんど除いた根茎である。
調製 定植5年(畑栽培)、8 ~ 10年(山地栽培)後、秋期に採掘し、地上部、ヒゲ根、泥土を除去して1~ 2日干し、ヒゲ根の残りを火で焼いた後、磨きにかけ再び日干しする。
産地 福井・鳥取・新潟・石川・兵庫・高知県および中国(四川・湖北・陜西・雲南省)などで栽培。
性状 不整の円柱形で長さ2 ~ 4 cm、まれに10 cmに達し、径0.2 ~ 0.7 cmで多少湾曲し、しばしば分枝する。外面は灰黄褐色を呈し、輪節があり、多数の根の基部を認める。おおむね一端に葉柄の残基がある。折面はやや繊維性で、コルク層は淡灰褐色、皮部及び髄は黄褐色~赤黄褐色、木部は黄色~赤黄色である。
弱いにおいがあり、味は極めて苦く、残留性で、唾液を黄色に染める。
成分 アルカロイド(berberine, palmatine, coptisine, jateorrhizine, worenine, magnoflorineなど)、酸性物質(ferulic acidなど)。
選品 換算した生薬の乾燥物に対し、ベルベリン(ベルベリン塩化物として)4.2%以上を含み、地上茎の残基が少なく、堅実で鮮黄色の苦いものが良品である。
適応 漢方処方用薬:充血または炎症があり、胸苦しい感じ、精神不安、心下部のつかえなどに用いられる。
生薬製剤:整腸薬及び苦味健胃、整腸止瀉薬として配合される。
漢方
処方例

瀉心湯類(三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)、半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう))、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
構成生薬のうち、黄連、黄芩(おうごん)の組合せで心下痞に作用する。

黄連湯(おうれんとう)
構成生薬のうち、黄連、桂枝の組合せで腹痛を改善する。

貯法 密閉容器
備考 基原植物のオウレンCoptis japonica はこの変種のセリバオウレンC. japonica var. dissecta、及びキクバオウレンC. japonica var. japonicaを含んでいる。
C. chinensis は中国で黄連、味連、川連と呼ばれ、四川・湖北・陜西省で栽培されている。
C. deltoidea は三角葉黄連、雅連と呼ばれ四川省で栽培されている。
C. teeta は雲南黄連、雲連と呼ばれ、雲南省・西蔵自治区に野生している。
C. omeiensis (峨眉野連)、C. quinquesecta は基原植物として用いられない。
局方品は、エキス剤又は浸剤・煎剤に限り用いるものについては、その旨を表示することとなっている。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.