Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
オンジ   ( 遠志 )
英名 Polygala Root 生薬ラテン名 POLYGALAE RADIX
オンジ
生薬名:オンジ
イトヒメハギ
植物名:イトヒメハギ
基原 イトヒメハギ Polygala tenuifolia Willdenow (Polygalaceae ヒメハギ科)の根。
調製 開花期の根を堀出し、水洗後陽乾し、木部を抜き去って皮部のみ(肉遠志、遠志筒)とする。
産地 中国(山西、陜西、河南、河北省、内蒙古、東北地方)
性状 屈曲した細長い円柱形又は円筒形を呈し、主根は長さ 10 ~ 20 cm、径 0.2~1 cmで、ときには 1 ~ 数個の側根が付いている。外面は淡灰褐色で、あらい縦じわがあり、また、ところどころにふかい横じわがあって、多少割れ込んでいる。折りやすく、折面は繊維性ではない。横切面は辺縁が不規則に起状し、皮部は比較的厚く、ところどころに大きな裂け目があり、木部は通例、円形~だ円形、淡褐色で、しばしばくさび形に裂けている。
弱いにおいがあり、味は僅かにえぐい。
成分 サポニン類:tenuifolin 、onjisaponin A ~ G
その他:cinnamic acid、キサントン誘導体、糖類など
選品 芯抜きの円筒状で肉厚のものが良品である。
適応 漢方処方用薬:強壮、去痰、鎮静の目的で薬方に配合される。
生薬製剤 :去痰薬として気管支炎、気管支喘息などに用いられる。
漢方
処方例

帰脾湯(きひとう)
構成生薬のうち、遠志、茯苓、酸棗仁の組合せで、不眠、動悸に用いられる。

人参養栄湯(にんじんようえいとう)
構成生薬のうち、遠志、貝母、半夏の組合せで、鎮咳去痰に用いられる。

貯法 密閉容器
備考 寛葉遠志(かんようおんじ) Polygala sibirica が基原植物として使用されていたことがある。
芯(木部)が除去された円筒形を呈するものも多く流通することから、局方の部位に「根皮」が追加された。「根皮」は植物形態学の学術用語ではないが、品目間の用語の統一を図る上で採用された。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.