Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ガジュツ   ( 莪蒁、莪朮 )
英名 Curcuma Rhizome 生薬ラテン名 CURCUMAE RHIZOMA
ガジュツ
生薬名:ガジュツ
ガジュツ
植物名:ガジュツ
基原 1) ガジュツCurcuma zedoaria Roscoe、2) C. phaeocaulis Valeton、3) C. kwangsiensis S.G.Lee et C.F.Liang(Zingiberaceae ショウガ科)の根茎を、通例、湯通ししたもの。
調製 地上部が枯れた晩秋から初冬にかけて根茎を掘り取り、細根や土砂を除去する。通例、湯通しした後、日陰で乾燥させる。
産地 ベトナム、タイ、ミャンマー、台湾、中国南部、日本(屋久島・種子島)等
性状 ほぼ卵形~長卵形、又は円錐形を呈し、長さ2 ~ 8cm、径1.5 ~ 4 cm である。
外面は灰黄褐色~ 灰褐色で、節は環状に隆起し、節間は0.3 ~ 0.8 cm
で、根の跡及び分枝した根茎の小隆起がある。質は堅い。横断面は皮層と中心柱が明瞭で、皮層は厚さ2 ~ 5 mm である。横断面の色は、
1) Curcuma zedoaria に由来するものは灰褐色、
2) C. phaeocaulis に由来するものは淡黄色~灰黄色又は淡黄緑色~灰黄緑色、
3) C.kwangsiensis に由来するものは帯紫褐色~暗紫褐色で、ときに光沢がある。
特有の匂いがあり、味は辛くて苦く、かめば清涼感がある。
成分 精油:0.5 ~ 1.5 %
セスキテルペノイド: furanodiene、furanodienone、curzerenone、dehydrocurdionete、zederone、curcumenol、germacrone、furanogermenone、(4S,5S)-(+)-germacrone、4,5-epoxide、zedoarol、13-hydroxygermacrone、curzeone、curcumen、curcumenone
モノテルペノイド:1,4-cineole、α -pinene、d-camphene
選品 よく肥大し、内部のしまった、香りのよい新しい物がよい。
適応 活血、理気、止痛、健胃、胆汁分泌促進作用があり、消化不良による腹部の腫瘤や腹痛、胸痛、月経痛、月経閉止、打撲傷などに用いる。
漢方
処方例

散腫潰堅湯
〈構成生薬〉莪朮、三稜、当帰、昆布、海藻、柴胡、升麻、黄連、黄芩、黄柏、知母、竜胆、芍薬、葛根、桔梗、栝婁根、甘草
〈応用〉頸部リンパ腺炎、甲状腺腫、るいれき

貯法 密閉容器
備考 第一追補で漢字表記、英名、ラテン名、基原植物、性状に修正が有った。
日本では主に一般薬に配合されている。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2019 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.