Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
アセンヤク   ( 阿仙薬 )
別名  ガンビール
英名 Gambir 生薬ラテン名 GAMBIR
アセンヤク
生薬名:アセンヤク
 

(写真準備中)

 
植物名:ガンビール
基原 Uncaria gambir Roxburgh(Rubiaceae アカネ科)の葉及び若枝から得た乾燥水製エキスである。
調製 収穫した葉付きの小枝を鍋などで6 ~ 8時間煮る。時々撹拌しながら葉を破砕して、その色が褪せて黄色に変色し初めたら、葉を取り除き、浸出液を煮詰め、濃厚になった液を桶などに移し、棒で良く練りながら冷却し、粘土様の塊に凝固させ、角形、円形、塊状の製品に仕上げる。
産地 インドネシア領ピンタン島、リオー群島、スマトラ北部。マラッカ海峡沿岸地方原産。マレー半島、スマトラ、ボルネオなどに分布し、東南アジアで栽培される。
性状 褐色~暗褐色の砕きやすい塊で、内部の色は暗褐色を呈する。
僅かににおいがあり、味は極めて渋く苦い。
成分 カテキン類: (+)-catechin、 (±)-catechin、(+)-epicatechin、quercetin
ビスフラボノイド (chalcone-flavan dimer):gambiriin
インドールアルカロイド:gambirtannine、dihydrogambirtannine
その他:Gambiriin A1、A2、A3、B1、B2、B3、C など。
選品 色は淡褐色で質が軽くて脆い、渋みの少ない甘味のあるものがよい。
適応 収斂性止瀉薬、口腔清涼剤の原料として用いられる。また、ヨーロッパでは皮なめしのタンニン原料として用いられる。
漢方
処方例

響声破笛丸(きょうせいはてきがん)

貯法 密閉容器
備考 口腔清涼剤の原料。また、止瀉剤、整腸薬として用いる。
ガンビールを水で練り、石灰を加えてビンロウジに塗布し、キンマの葉で包んだものを嗜好品としていたが、19世紀に至りマレー半島、スマトラ、ボルネオなどで栽培されるようになり、皮なめし用としてヨーロッパに紹介された。
初版日本薬局方から収載。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2017 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.