Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
カンキョウ   ( 乾姜 )
英名 Processed Ginger 生薬ラテン名 ZINGIBERIS RHIZOMA PROCESSUM
カンキョウ
生薬名:カンキョウ
ショウガ
植物名:ショウガ
基原 ショウガZingiber officinale Roscoe(Zingiberaceae ショウガ科)の根茎を湯通しまたは蒸したもの。
調製 10 ~ 11月に根茎を掘り取り、土砂と細根を取り除いて、湯通しまたは蒸した後、乾燥する。
産地 中国(雲南・貴州省、広西自治区ほか)。
性状 扁圧した不規則な塊状でしばしば分枝する。分枝した各部はやや湾曲した卵形または長卵形を呈し、長さ2 ~ 4 cm、径1 ~ 2 cmである。外面は灰黄色~灰黄褐色で、しわ及び輪節がある。折面は褐色~暗褐色で透明感があり角質である。横切面をルーペ視するとき、皮層と中心柱は区別され、全面に維管束が散在する。
特異なにおいがあり、味は極めて辛い。
成分 精油(セスキテルペノイド):α-zingibereneなど
辛味成分:[6]-shogaol、[6]-gingerol、zingerone
糖類:sucrose、fructose、glucose
選品 乾燥した生薬の乾燥物に対し、[6]-ショーガオールを0.10%以上含み、辛味が強く、肥大充実し、横断面がガラス状のものが良品である。
適応 漢方処方用薬:嘔吐、咳、下痢、手足の冷え、腹部・腰部・胸部の疼痛を改善する薬方に配合される。
漢方
処方例

人参湯(にんじんとう)、桂枝人参湯(けいしにんじんとう)、大防風湯(だいぼうふうとう)
構成生薬のうち、乾姜、人参、白朮の組み合わせにより、胃腸の冷え、悪心嘔吐、腹痛、下痢、慢性胃炎を改善する。

大建中湯(だいけんちゅうとう)
構成生薬のうち、乾姜、人参、山椒の組み合わせにより、冷えが原因の腹部ガス充満、腹痛などを改善する 。

半夏乾姜湯(はんげかんきょうとう)
構成生薬のうち、乾姜、半夏の組み合わせにより、食欲不振を改善する。

甘草乾姜湯(かんぞうかんきょうとう)、甘草瀉心湯(かんぞうしゃしんとう)、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
構成生薬のうち、乾姜、甘草の組み合わせにより、体を温め、胃部の冷えによる胃痛・嘔吐を治す。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)、苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)
構成生薬のうち、乾姜、細辛、五味子の組み合わせにより、冷えて咳嗽するものを治療する。

苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)
構成生薬のうち、乾姜、茯苓、朮の組み合わせにより、下半身の冷えを改善する。

四逆湯(しぎゃくとう)
構成生薬のうち、乾姜、附子の組み合わせにより、発汗や下痢などを伴うショック症状や手足が冷えて衰弱するものに使用する。

貯法 密閉容器
備考 漢方では、日本薬局方ショウキョウを乾生姜とする見方もある。
日局「カンキョウ」は乾生姜(日局「ショウキョウ」)より体を温める作用が強く、新陳代謝を促進するといわれている。
ショウガを基原とする乾姜と生姜は共に代表的な成分として[6]-gingerol及び[6]-shogaolを含有する。主に60℃以下の温度で乾燥される生姜は、[6]-gingerolの含量が比較的高い傾向にあり,湯通し又は蒸したものとされる乾姜は、その加熱処理により[6]-gingerolの一部が[6]-shogaolへと変換することから、[6]-shogaolの含量が比較的高い傾向にある。乾姜には加熱処理による調整によりsucroseが残存する。新鮮なショウガに含まれるsucroseは,生姜の調製時には消失し,乾姜の加熱調製操作では残存することから、sucroseを確認することは、ショウガの加工調製である程度以上の加熱処理が行われたことを示す。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.