Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
キジツ   ( 枳実 )
別名 枳殻  
英名 Immature Orange 生薬ラテン名 AURANTII FRUCTUS IMMATURUS
キジツ
生薬名:キジツ
ダイダイ
植物名:ダイダイ
基原 ダイダイCitrus aurantium Linné var. daidai Makino、Citrus aurantium Linné 又はナツミカンCitrus natsudaidai Hayata (Rutaceae ミカン科)の未熟果実をそのまま又はそれを半分に横切したものである。
調製 5 ~ 6月に未熟果実(摘果品)を採集し、そのまま乾燥する。又は半分に輪切りにして天日或いは温風で乾燥する。
産地 日本(和歌山・広島・愛媛県)、中国(四川・江西省)で栽培。
性状 ほぼ球形で径1~2 cm 、又は半球形で径1.5~4.5 cmである。外面は濃緑褐色~褐色でつやがなく、油室による多数のくぼんだ小点がある。横切面は周辺が厚さ約 0.4 cm の外果皮 及び中果皮からなり、表皮に接する部分は黄褐色、その他は淡灰褐色を呈する。中心部は放射状に 8 ~ 16 個の小室に分かれ、各室は褐色を呈してくぼみ、しばしば未熟の種子を含む。特異なにおいがあり、味は苦い。
成分 精油:d-limoneneなど
フラボノイド:hesperidin、naringin、neohesperidin、sinensetin、nobiletin、3, 3’,4’, 5, 6, 7, 8-heptamethoxyflavoneなど
その他:phlorin
選品 芳香性で果皮が厚く、苦味の強いものが良品とされている。
適応 漢方処方用薬:利気・健胃・化痰(けたん)・便通作用があり、胸腹部の膨満感や痛み、便秘などを改善する薬方に配合される。
生薬製剤:芳香性健胃薬。
漢方
処方例

大柴胡湯(だいさいことう)、四逆散(しぎゃくさん)
構成生薬のうち、枳実、芍薬、桔梗の組み合わせにより、筋肉の緊張を緩め、膨満感を治す。

排膿散(はいのうさん)
構成生薬のうち、枳実、芍薬の組み合わせにより、排膿作用を強める。

麻子仁丸(ましにんがん)、潤腸湯(じゅんちょうとう)
構成生薬のうち、枳実、大黄、麻子仁の組み合わせにより、老人などにみられる便秘に使用する。

大承気湯(だいじょうきとう)、小承気湯(しょうじょうきとう)
構成生薬のうち、枳実、大黄、厚朴の組み合わせにより、膨満感の強い便秘に使用する。

茯苓飲(ぶくりょういん)
構成生薬のうち、枳実、朮の組み合わせにより、飲食停滞による胃腸の膨満感、食欲不振などに使われる。

枳実薤白桂枝湯(きじつがいはくけいしとう)
構成生薬のうち、枳実(きじつ)、薤白(がいはく)、栝楼仁の組み合わせにより、狭心症などのようなみぞおちから胸にかけて痛む疾患に使われる。

貯法 密閉容器
備考 形状によって、小割、久丸(きゅうまる)、青切、赤切などの名があった。
基原植物のCitrus aurantium は中国では酸橙(さんとう)と呼ばれ、四川・江西省で栽培されている。
この種の亜種のハッサク C. aurantium subsp. hassaku (= C. hassaku) も基原植物に含まれる。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.