Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
キョウカツ   ( 羌活 )
英名 Notopterygium 生薬ラテン名 NOTOPTERYGII RHIZOMA
キョウカツ
生薬名:キョウカツ
 

(写真準備中)

 
植物名:
基原 Notopterygium incisum Ting ex H. T. Chang 又は Notopterygium forbesii Boissieu (Umbelliferae セリ科)の根茎及び根。
調製 春又は秋頃、根茎及び根を掘り上げ、泥土、地上部、ひげ根を取り除いた後、乾燥する。あぶって乾燥する場合もある。
産地 中国(四川、甘粛、清海、雲南省など)
性状 やや湾曲した円柱形~円錐形を呈し、長さ 3 ~10 cm、径 5 ~ 20 mm、ときに根茎は分枝する。外面は黄褐色~暗褐色である。根茎はその頂端にやや円形にくぼんだ茎の跡があり、ときには短い茎の残基を付け、外面には隆起した節があり、節間は、通例、短い。節にはいぼ状突起となった根の跡がある。根の外面には粗い縦じわ及びいぼ状突起となった側根の跡がある。質は軽くややもろくて折りやすい。横切面には多くの放射状の裂け目があり、皮部は黄褐色~褐色、木部は淡黄色~淡灰黄色、髄は灰白色~淡褐色を呈し、ルーペ視するとき、皮部及び髄には油道による褐色の細点を認める。
特異なにおいがあり、味は初め僅かに酸味があり、後にやや辛く、僅かに麻痺性である。
成分 精油:limonene,pinene
フロクマリン:bergapten,isoimperatorin,cnidilin,notopterol,nodakenetin
フェニルプロパノイド:ferulic acid
アセチレン誘導体:falcarindiol
選品 充実して香気の強いものが良品である。
適応 漢方処方用薬:発汗、鎮痛作用があり、筋肉痛、神経痛、関節痛などの痛みや皮膚病を改善する薬方に配合される。
漢方
処方例

荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)
構成生薬のうち、羌活・荊芥防風桔梗の組み合わせにより、化膿症で悪寒、発熱、頭痛、疼痛のするものを治療する。

疎経活血湯(そけいかっけつとう)、二朮湯(にじゅつとう)
構成生薬のうち、羌活・威霊仙の組み合わせにより、筋肉痛、神経痛、関節痛などの痛みを改善する。

疎経活血湯、大防風湯(だいぼうふうとう)
構成生薬のうち、羌活・牛膝の組み合わせにより、下肢の筋肉痛、神経痛、関節痛を改善する。

貯法 密閉容器
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.