Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
キョウニン   ( 杏仁 )
英名 Apricot Kernel 生薬ラテン名 ARMENIACAE SEMEN
キョウニン
生薬名:キョウニン
アンズ
植物名:アンズ
基原 ホンアンズPrunus armeniaca Linné、アンズPrunus armeniaca Linné var. ansu Maxim. 又はPrunus sibirica Linné(Rosaceae バラ科)の種子
調製 夏の果実が成熟した頃、果実の中の堅い核を砕いて種子を取り出し、乾燥する。
産地 中国(内蒙古自治区、山西・陝西・河北省など)
性状 扁圧した左右やや不均等な卵形を呈し、長さ1.1 ~ 1.8 cm、幅0.8 ~ 1.3 cm、厚さ0.4 ~ 0.7 cmである。一端は鋭くとがり、他の一端は丸みを帯びてここに合点がある。種皮は褐色で、外面にはこすれて落ちやすい石細胞となった表皮細胞があって、粉をふいたようである。また、合点から多数の維管束が種皮全体に分枝しながら縦走し、その部分はややくぼんで縦じわとなっている。温水に入れて軟化するとき、種皮及び白色半透明の薄い胚乳は子葉からたやすく剥がれ、子葉は白色である。
ほとんどにおいがなく、味は苦く、油っぽい。
成分 トリアシルグリセロール類(青酸配糖体): amygdalin、neoamygdalin
クマリン:scopoletin
その他:脂肪油など
選品 換算した乾燥物に対し、アミグダリン2.0%以上を含み、粒がそろって大きく厚みがあり、噛むと苦く、独特な芳香が強いものがよい。
適応 漢方処方用薬:鎮咳、去痰、便通の目的で漢方用薬に配合される。杏仁油・杏仁水の製造原料。
漢方
処方例

麻黄湯(まおうとう)、麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)
構成生薬のうち、杏仁、麻黄の組み合わせにより感冒時の咳や痰、喘息を改善する。

麻子仁丸(ましにんがん)、潤腸湯(じゅんちょうとう)
構成生薬のうち、杏仁、麻子仁、大黄の組み合わせにより老人などの習慣性便秘に使用する。

貯法 密閉容器
備考 類似植物にモウコアンズP. sibiricaマンシュウアンズP. mandshuricaがある。
また、漢方では苦杏仁(苦味が強い)を用い、食品には甜杏仁(てんきょうにん)(苦味がほとんどない)が用いられている。
杏仁は桃仁に比べamygdalin含量が高い。杏仁にはscopoletinが認められるが,桃仁には認められない。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.