Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
アマチャ   ( 甘茶 )
英名 Sweet Hydrangea Leaf 生薬ラテン名 HYDRANGEAE DULCIS FOLIUM
アマチャ
生薬名:アマチャ
アマチャ
植物名:アマチャ
基原 アマチャ Hydrangea macrophylla Seringe var. thunbergii Makino (Saxifragaceae ユキノシタ科)の葉及び枝先を、通例、揉捻したもの
調製 9月に地上10 cmくらいのところで枝と共に刈り取り、葉をしごいてとり、水洗した後、約2日間陽乾する。これに更に水を噴霧し、むしろをかぶせて1日放置し発酵して温度が約25℃に上昇したとき、むしろの上に広げ、手で葉をよくもんでから更に乾燥して仕上げる。現在では機械化されている。このようにして調製すると葉は甘味を生じ、縮んでしわが多数できる。
産地 日本(長野・富山・岩手県)
性状 通例、しわがよって縮み、暗緑色~暗黄緑色を呈する。水に浸してしわを伸ばすと、ひ針形~鋭頭卵形で、長さ約5 – 15 cm、幅約2 – 10 cm、辺縁にきょ歯があり、基部はややくさび状である。両面に粗毛があり、特に葉脈上に多い。細脈は辺縁に達せずに上方に向かって曲がり、互いに連絡し、葉柄は短く葉身の1/5に達しない。
本品は僅かににおいがあり、特異な甘味がある。
成分 イソクマリン: d-phyllodulcin、phyllodulcin-8-O-β-d-glucoside、
thunberinol C、thunberinol A,B,F(coumarins)、phyllodulcin monomethylether
選品 新鮮で、くずれた粉が少なく、甘みの強いものが良い。
適応 甘味料または矯味料として、口腔清涼剤の製造原料とする。
漢方
処方例
漢方処方としては使用しない。

貯法 密閉容器
備考 灌仏会(花祭り)に使用する。
甘味はd-phyllodulcin C16H14O5であるが、生葉中には配糖体phyllodulcin-8-O-β-d-glucosideとして含まれており、加工調製によって加水分解したものである。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.