Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ケイガイ   ( 荊芥穂(けいがいすい) )
英名 Schizonepeta Spike 生薬ラテン名 SCHIZONEPETAE SPICA
ケイガイ
生薬名:ケイガイ
ケイガイ
植物名:ケイガイ
基原 ケイガイ Schizonepeta tenuifolia Briquet (Labiatae シソ科)の花穂。
調製 花期(8~9月頃)、穂が緑色のうちに地上部を刈り取り、乾燥した後、花穂を採取する。
産地 中国(江蘇、河北、浙江、河南、湖北、江西省など)
性状 細長い穂状を呈し、長さ5 ~ 10 cm、径0.5 ~ 0.8 cm、帯紫縁褐色~緑褐色である。花穂は細かい唇形花又はしばしば果実を含むがく筒を付ける。花穂の下部にはときに葉を付けることがあり、葉は線状又は狭い針形である。花軸は方柱形で紫褐色を呈する。ル-ペ視するとき、類白色の短毛を認める。
特異な芳香があり、口に含むと僅かに清涼感がある。
成分 モノテルペノイド:schizonepetoside A ~ E
フラボノイド:apigenin、luteolin
フェニルプロパノイド:schizotenuin A,B1,B2,C1,C2,D,E,F、cinnamic acid、caffeic acid
精油:l-pulegone、d-menthone
選品 外観緑色を帯び、太い茎が少なく、芳香が強いものが良品である。
適応 漢方処方用薬:発汗、解熱作用があり、皮膚病に使われる薬方に配合される。
漢方
処方例

荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
構成生薬のうち、荊芥・防風桔梗の組み合わせにより、皮膚病に用いられる。

貯法 密閉容器
備考 「荊芥穂」はケイガイスイと読み、「花穂」はカスイと読む。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.