Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ケイヒ   ( 桂皮 )
英名 Cinnamon Bark 生薬ラテン名 CINNAMOMI CORTEX
ケイヒ
生薬名:ケイヒ
Cinnamomum cassia Blume
植物名:Cinnamomum cassia Blume
基原 Cinnamomum cassia Blume (Lauraceae クスノキ科)の樹皮。
調製 太い幹の樹皮または周皮を剥がし、コルク層を除き乾燥する。
産地 中国南部、インド南部、ベトナム。
性状 半管状または巻き込んだ管状の皮片で、厚さ 0.1~0.5 cm、長さ5~50 cm、径 1.5~5 cm である。外面は暗赤褐色を呈し、内面は赤褐色を呈し、平滑である。破折しやすく、折面はやや繊維性で赤褐色を呈し、淡褐色の薄層がある。
特異な芳香があり、味は甘く、辛く、後にやや粘液性で、わずかに収れん性である。
成分 精油:cinnamaldehyde、cinnamyl acetate、 phenylpropyl acetate、 cinnamic acid、 salicylaldehyde
その他:タンニン、芳香族化合物配糖体、ジテルペノイドなど。
選品 辛味が強く甘味があって、渋味のないものが良品とされている。また極度に粘液性の強いものは劣等品である。
適応 漢方処方用薬:発汗、解熱、鎮痛(頭痛、身体疼痛など)、鎮静(のぼせ)、鎮痙などに用いられる。
生薬製剤に芳香性健胃薬として食欲不振、消化不良に粉末が配合される。
漢方
処方例

麻黄湯(まおうとう)
構成生薬のうち、桂皮、麻黄の組合せで発汗に作用する 。

大青竜湯(だいせいりゅうとう)
構成生薬のうち、桂皮、麻黄、石膏の組み合わせで強い発汗を示す。

桂枝湯類(けいしとうるい)
構成生薬のうち、桂皮、芍薬の組み合わせで、のぼせを抑え、痛みに作用する。

苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)
構成生薬のうち、桂皮、茯苓、大棗の組み合わせでのぼせと動悸を抑える。

貯法 密閉容器
備考 Cinnamomum sieboldii Meisnの根から採取したものをニッケイ(肉桂)と呼び、菓子や香料として用いる。
ケイシ(桂枝,Cinnamon Twig,CINNAMOMI RAMULUS;日本薬局方外生薬規格2015収載)はCinnamomum cassia Blumeの小枝である。一般には桂皮が用いられる。
過去には、近縁植物(Cinnamomum zeylanicumC. obtussifoliumC. obtussifolium var. loureiriiなど)の樹皮も用いられていた。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.