Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ケツメイシ   ( 決明子 )
英名 Cassia Seed 生薬ラテン名 CASSIAE SEMEN
ケツメイシ
生薬名:ケツメイシ
エビスグサ
植物名:エビスグサ
基原 エビスグサCassia obtusifolia Linné又はCassia tora Linné(Leguminosae マメ科)の種子である。
調製
産地 Cassia obtusifoliaの系統種は中国(江蘇、安徽、四川など)、C. toraの系統種は中国(広西、雲南など)
性状 短円柱形を呈し、長さ3 ~ 6 mm、径2 ~ 3.5 mmで、一端は鋭くとがり、他の一端は平たんである。外面は緑褐色~褐色で艶があり、両側面に淡黄褐色の縦線又は帯がある。質は堅い。横切面は円形又は鈍多角形で、ルーペ視するとき、胚乳中に屈曲する暗色の子葉がある。
砕くとき特異なにおい及び味がある。
成分 アントラキノン誘導体:emodin、obtusifolin、obtusin、chryso-obtusin、aurantio-obtusin及びそれらの配糖体。
ナフトピロン誘導体とその配糖体:rubrofusarin、norrubrofusarin、cassiaside B2、cassiaside C2など。
選品 完熟充実し、光沢のあるものが良い。
適応 消炎・緩下・利尿作用があり、はぶ茶と称し、緩和な便通を目的として、使用する。
漢方
処方例
漢方処方としては使用しない。

貯法 密閉容器
備考 民間薬として使用される。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.