Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ケンゴシ   ( 牽牛子 )
英名 Pharbitis Seed 生薬ラテン名 PHARBITIDIS SEMEN
ケンゴシ
生薬名:ケンゴシ
アサガオ
植物名:アサガオ
基原 アサガオPharbitis nil Choisy (Convolvulaceae ヒルガオ科)の種子。
調製 晩秋全草を掘り起こしながら巻きとり、乾燥後、打ちたたいて種子を分離し、成熟種子を集め乾燥する。
産地 中国。
性状 球を縦に4 ~ 6等分した形を呈し、長さ6 ~ 8 mm 、幅3 ~ 5 mmである。外面は黒色~灰赤褐色又は灰白色で、平滑であるが、多少縮んであらいしわがある。横切面はほぼ扇形で、淡黄褐色~淡灰褐色を呈し、質は密である。ルーペ視するとき、種皮の外面には短い毛が密生し、隆起線の下端にへそがくぼんでいる。種皮は薄く、外層は暗灰色、内層は淡灰色である。一端の横切面では不規則に縮んだ2枚の子葉があり、その間に背面の中央から隆起部に達する2枚の薄い隔膜がある。へそを有する他端の横切面では隔膜は認められない。子葉の切面には暗灰色の分泌物孔を認める。100粒の質量は約3.5 gである。
砕くとき僅かににおいがあり、味は油のようで僅かに刺激性である。
成分 樹脂配糖体:pharbitin
その他:脂肪酸、アミノ酸 など
選品 肥大充実して粒のそろったものが良品である。
適応 民間薬:峻下薬(0.5~1.5 g/日)、緩下薬(0.2~0.3 g/日)として煎服。
漢方
処方例

貯法 密閉容器
備考 園芸品種が多い。外面の黒いものは黒牽牛子、灰白色のものを白牽牛子という。
Pharbitis 属の種子には類似したものが数種あるが薬用には適さない。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.