Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ゲンノショウコ   ( 現の証拠 )
英名 Geranium Herb 生薬ラテン名 GERANII HERBA
ゲンノショウコ
生薬名:ゲンノショウコ
ゲンノショウコ
植物名:ゲンノショウコ
基原 ゲンノショウコGeranium thunbergii Siebold et Zuccarini (Geraniaceae フウロソウ科)の地上部である。
調製 野生又は栽培の花期直前の地上部を採取し、葉が落ちないように陽乾する。
産地 日本(徳島、富山、滋賀県など)、韓国、中国
性状 茎及びこれに対生した葉からなり、茎は細長く緑褐色、葉は掌状に3 - 5裂し、長さ2 - 4 cm、灰黄緑色~灰褐色を呈する。裂片は長楕円形~倒卵形で、その上部の辺縁に鈍きょ歯があり、葉柄は長い。茎、葉共に軟毛がある。
本品はわずかににおいがあり、味は渋い。
成分 フラボノイド:quercetin、kaemferitrin
その他:タンニン(葉約20 %、全草約5 %) 、geraniinなど
選品 緑色の葉が多く付き、根を含まず、開花した花が少ないものが良い。
適応 1. 止潟・整腸  2. 便秘
漢方
処方例
漢方処方としては使用しない。

貯法 密閉容器
備考 漢字では「現証拠」、「現の証拠」で、服用すると確かに効き目が現れることから付けられた名称。
民間薬として使用される。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.