Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
コウカ   ( 紅花 )
別名  ベニバナ
英名 Safflower 生薬ラテン名 CARTHAMI FLOS
コウカ、ベニバナ
生薬名:コウカ、ベニバナ
ベニバナ
植物名:ベニバナ
基原 ベニバナ Carthamus tinctorius Linné(Compositae キク科)の管状花をそのまま又は黄色色素の大部分を除いたもので,ときに圧搾して板状としたもの
調製 開花期に管状花を採集し、そのまま乾燥する。
また、水洗して黄色色素を大部分を除いたもので、ときに圧搾して板状とし乾燥する(板紅花)。
産地 日本(山形県)、中国 (四川、河南、安徽、雲南、浙江、江蘇など)で栽培
性状 赤色~赤褐色の花冠、黄色の花柱及び雄ずいからなり、まれに未熟の子房を混有することがある。全長は約1 cm、花冠は筒状で5裂し、雄ずいは5本で、長い雌ずいを囲んでいる。花粉はほぼ球形で、径約 50 μm、 黄色で表面に細かい突起がある。板状にしたものは厚さ約 0.5 cm、多数の管状花の集合である。
特異なにおいがあり、味は僅かに苦い。
成分 紅色色素(水に不溶): carthamin (0.3 ~ 0.6% )
黄色色素(水に可溶): safloryellow (20 ~ 30%)
選品 色が鮮やかで香のよいものが良品である。
適応 漢方処方用薬:血液循環を良くし、痛みを和らげる。
漢方
処方例

紅藍花酒(こうらんかしゅ)
構成生薬のうち、紅花、酒の組み合わせで血液の循環を良くする、

折衝飲(せっしょういん)
構成生薬のうち、紅花、延胡索の組み合わせで生理痛、後陣痛に作用する。

貯法 密閉容器
備考 食品や化粧品(口紅)の着色料・原料としても用いられている。
基原植物の種子油はサフラワー油 (リノール酸 70% を含む) と称し、繁用されている。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.