Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
コウジン   ( 紅参 )
英名 Red Ginseng 生薬ラテン名 GINSENG RADIX RUBRA
コウジン
生薬名:コウジン
オタネニンジン
植物名:オタネニンジン
基原 オタネニンジンPanax ginseng C.A. Meyer(=P. schinseng Nees)(Araliaceae ウコギ科)の根を蒸したもの。
調製 4~6年目のオタネニンジンの根を、9~10月頃に掘り出して収穫する。土砂を除き、ひげ根を去った後、高温の蒸気で2~3時間程度蒸した後、乾燥したもの。
産地 中国(吉林・遼寧省ほか)、日本(長野・福島県)、韓国。
性状 細長い円柱形~紡すい形でしばしばなかほどから2~5本の側根を分枝し、長さ5~25 cm、主根は径0.5~3 cm、外面はおおむね淡黄褐色~赤褐色を呈し、半透明で縦じわがある。根頭部はややくびれて短い根茎を付けることがある。折面は平らで、質は角質様で堅い。
特異なにおいがあり、味は初めわずかに甘く、後にやや苦い。
成分 サポニン類:ginsenoside Rb1、Rb2、Rc、Rdなど (protopanaxadiol類)、
ginsenoside Rg1、Rg2、Re、Rfなど (protopanaxatriol類)
アセチレン誘導体:panaxynolなど
選品 換算した生薬の乾燥物に対し,ギンセノシドRg1 0.10%以上及びギンセノシドRb1 0.20%以上を含み、太く充実し重質で、内部が一様に赤褐色で味は甘く、わずかに苦いものがよい。
適応 生薬製剤:興奮強壮薬として代謝機能減衰、食欲不振に効果がある。単独で使用されるときは粉末にした紅参末を利用。
漢方
処方例
主に後世派の処方中に配合されることがある。

貯法 密閉容器
備考 日本薬局方では、「ニンジン」とは調製方法が異なるため別品目として扱われている。
ちなみに、軽く湯通しして調製した湯通し人参は市場では御種人参(おたねにんじん)とも称される。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.