Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ゴシツ   ( 牛膝 )
英名 Achyranthes Root 生薬ラテン名 ACHYRANTHIS RADIX
ゴシツ
生薬名:ゴシツ
ヒナタイノコズチ
植物名:ヒナタイノコズチ
基原 ヒナタイノコズチAchyranthes fauriei Leveille et Vaniot 又はAchyranthes bidentata Blume(Amaranthaceae ヒユ科)の根。
調製 秋に根を採集し、洗った後、乾燥し、地上茎及び細根を切り去った後、再び乾燥する。大きさをそろえ乾燥する。
産地 日本(奈良、茨城)、中国(河南)で栽培
性状 主根又は側根を伴う主根からなり、根頭は僅かに根茎を付けるか、又は根茎部は切除されている。主根は細長い円柱形でときにやや湾曲し、長さ15 ~ 90 cm、径0.3 ~ 0.7 cm、外面は灰黄色~黄褐色で、多数の縦じわ及びまばらに側根の跡がある。折面は平らで、周辺部は灰白色~淡褐色を呈し、中心部に黄白色の木部を認める。質は堅くてもろいか、又はやや柔軟である。
僅かににおいがあり、味は僅かに甘く、粘液性である。
成分 サポニン類:chikusetsusaponin IVa,V、 achyranthoside C,D
その他:多量のカリウム塩、粘液質(ecdysterone、inokosterone)など
選品 なるべく太くて長く、柔軟で潤いがあり、色が黄褐色のものが良い。
適応 漢方処方用薬:通経、利尿、筋骨を強める作用があり、婦人科疾患、関節痛、神経痛、足腰の筋肉の萎弱や疼痛、化膿性のはれものなどを治療する薬方に配合される。
漢方
処方例

折衝飲(せっしょういん)
構成生薬のうち、牛膝、紅花の組み合わせにより、月経困難症、妊娠初期の腹痛、腹中の腫塊、出血を治療する。

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)
構成生薬のうち、牛膝、車前子の組み合わせにより、下肢の浮腫、倦怠感を治す。

疎経活血湯(そけいかっけつとう)
構成生薬のうち、牛膝、当帰、川芎の組み合わせにより、血流をよくし、神経痛、麻痺を改善する。

貯法 密閉容器
備考 中国産のAchyranthes bidentataを基原とするゴシツは懷牛膝(かいごしつ)とよばれている。
また、中国ではCyathula officinalis由来の川牛膝(せんごしつ)が使用されているが、日本薬局方に該当しないので、日本では市場性がない。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.