Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
ゴシュユ   ( 呉茱萸 )
英名 Euodia Fruit 生薬ラテン名 EUODIAE FRUCTUS
ゴシュユ
生薬名:ゴシュユ
ゴシュユ
植物名:ゴシュユ
基原 ゴシュユ Euodia ruticarpa Hooker filius et Thomson, Euodia officinalis Dode、又はEuodia bodinieri Dode (Rutaceae ミカン科)の果実である。
調製 夏から秋にかけて、未熟果実を採集し、乾燥陰干する。
産地 中国(貴州、湖南、広西、雲南、四川、陝西、浙江など)で栽培・生産
性状 扁球形又は球形を呈し、径2 ~ 5 mmである。外面は暗褐色~灰褐色で、油室による多数のくぼんだ小点がある。しばしば果柄を付け、果柄は長さ2 ~ 5 mmで、毛を密生する。果皮は成熟したものでは5室に開裂し、各室中には倒卵球形又は球形の褐色~黒褐色又は帯青黒色の艶のある種子がある。
特異なにおいがあり、味は辛く、後に残留性の苦味がある。
成分 インドールアルカロイド:evodiamine、rutecarpine、rutaecarpineなど
キノロンアルカロイド:evocarpine、N,N-dimethyl-5-methoxytryptamine、N-methylanthranylamide、synephrine
その他:cyclic GMP(環状ヌクレオチド)、limonin(苦味成分)、鎖状テルペン(特異な香気) など
選品 果皮は裂開過ぎず、なるべく軸(果柄)が少なく、よく乾いたもので、黒褐色で辛みが強く、まろやかな香りのあるものが良い。
適応 漢方処方用薬:温補の健胃鎮痛利尿作用があり、胃内停水、胸満、嘔吐、冷え性、頭痛を改善する薬方に配合される。
漢方
処方例

呉茱萸湯(ごしゅゆとう)
構成生薬のうち呉茱萸、人参、大棗の組み合わせで、習慣性頭痛、嘔吐に使用される。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
構成生薬のうち呉茱萸、当帰、桂枝の組み合わせで冷えを改善する。

温経湯(うんけいとう)
構成生薬のうち呉茱萸、当帰、川芎の組み合わせで、月経不順、更年期障害、不妊症などに応用される。

左金丸(さきんがん)
構成生薬のうち呉茱萸、黄連の組み合わせで、ストレスによる胃痛(神経性胃炎、急性、慢性胃炎)を治療する。

貯法 密閉容器
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.