Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
サイコ   ( 柴胡 )
英名 Bupleurum Root 生薬ラテン名 BUPLEURI RADIX
サイコ
生薬名:サイコ
ミシマサイコ
植物名:ミシマサイコ
基原 ミシマサイコBupleurum falcatum Linné(Umbelliferae セリ科)の根。
調製 秋に掘り起こし水洗して乾燥する。
産地 日本(宮崎、鹿児島、熊本、茨城)及び中国で栽培
性状 細長い円錐形~円柱形を呈し、単一または分枝し、長さ10 ~ 20 cm、径0.5 ~ 1.5 cm、根頭には茎の基部を付けていることがある。外面は淡褐色~褐色で、深いしわがあるものがある。折りやすく、折面はやや繊維性である。
特異なにおいがあり、味は僅かに苦い。
成分 サポニン:saikosaponin a ~ f
サポゲニン:saikogenin E ~ G
フィトステロール類:α-spinasterol、stigmasterol、stigmastenol
選品 外面は灰黒褐色、内部は黄白色を呈し、なるべく直根で湿り気があって油くさくない新鮮なものが良い。
適応 漢方処方用薬:往来寒熱、胸脇苦満などを目標に少陽病の主薬とされる。肝気の鬱結により起こる症状(眩暈、耳鳴り、感情の昂りなど)を改善する。内臓下垂(胃、子宮、直腸など)している状態を改善する(昇提)。
漢方
処方例

柴胡剤
構成生薬のうち、柴胡、黄芩(おうごん)の組合せで往来寒熱、胸脇苦満などを目標に少陽病の主薬とされる。

抑肝散(よくかんさん)
構成生薬のうち、柴胡、釣藤鈎 の組合せで肝気の鬱結により起こる症状を改善する。

乙字湯(おつじとう)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
構成生薬のうち、柴胡、升麻の組合せで内臓下垂している状態を改善する。

貯法 密閉容器
備考 中国では類似基原植物で、マンシュウミシマサイコBupleurum chinense(北柴胡)、B. scorzonerifolium(南柴胡)は局方正品である。
B. mariginatum(竹葉柴胡)、ホタルサイコB. longiradiatum などがある。
また、カワラサイコPotentilla chinensisRosaceae バラ科)、前胡(Peucedanum praeruptorumPeucedanum decursivumAngelica decursiva ) は正品ではない。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.