Tokyo Crude Drugs Association
●HOME ●入会方法 ●リンク ●サイトマップ ●お問い合わせ

●お花の見頃情報 ●イベント情報 ●新着情報 ●協会概要 ●生薬写真集 ●新常用和漢薬集

新常用和漢薬集

[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
名称
 第十七改正日本薬局方 収載
サンシシ   ( 山梔子 )
別名 梔子  
英名 Gardenia Fruit 生薬ラテン名 GARDENIAE FRUCTUS
サンシシ
生薬名:サンシシ
クチナシ
植物名:クチナシ
基原 クチナシGardenia jasminoides Ellis (Rubiaceae アカネ科)の果実で、ときに湯通し又は蒸したものである。定量するとき、換算した生薬の乾燥物に対し、ゲニポシド3.0%以上を含む。
調製 完熟果実を摘み取り、果柄及びがくを除去して、湯通し或いは蒸した後、乾燥する。
産地 中国(湖南・湖北・浙江・四川・江西省など)。
性状 ほぼ長卵形~卵形を呈し、長さ1~5 cm 、幅1~1.5 cmである。
外面は黄褐色~黄赤色で、通例6本、まれに5本又は7本の明らかな稜線がある。
一端にはがく又はその跡があり、他端には果柄を付けているものもある。
果皮の内面は黄褐色を呈し、平らでつやがある。
内部は2室で、黄赤色~暗褐色の胎座に種子の団塊が付く。
種子はほぼ円形で扁平、長径約0.5 cmで、黒褐色又は黄褐色である。
弱いにおいがあり、味は苦い。
成分 geniposide, geniposidic acid, 10-acetylgeniposide, genipin 1-β-gentiobiosideなどのイリドイド配糖体、カロチノイド色素(crocin), p-hydroxycinnamic acid 誘導体など。
選品 換算した生薬の乾燥物に対して、ゲニポシド (C17H24O10 : 388.37) 3.0%以上を含み、小型で丸く、内部の赤黄色のものが良い。
適応 漢方処方用薬:消炎・清熱・精神安定作用があり、充血、吐血、煩燥、黄疸、炎症、高血圧などを改善する薬方に配合される。
漢方
処方例

茵蔯蒿湯(いんちんこうとう)
構成生薬のうち、山梔子、茵蔯蒿の組み合わせにより、肝炎、胆嚢炎などによる黄疸、全身のかゆみ、口内炎などを治す。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、温清飲(うんせいいん)
構成生薬のうち、山梔子、黄連の組み合わせにより、熱のための精神不安、不眠、諸出血を治す。

加味逍遥散(かみしょうようさん)
構成生薬のうち、山梔子、牡丹皮との組み合わせにより、更年期障害ののぼせ、焦燥感を改善する。

梔子鼓湯(しししとう)
構成生薬のうち、山梔子、香鼓(こうし)の組み合わせにより、熱のために生ずる煩悶(はんもん)、煩燥などの不快な症状や不眠を治す。

貯法 密閉容器
備考 第17改正日本薬局方 第一追補で基原表記に修正があった。「ときに湯通し又は蒸したものである。定量するとき、換算した生薬の乾燥物に対し、ゲニポシド3.0%以上を含む。」の記載が付加された。
基原植物のクチナシGardenia jasminoides は本来コリンクチナシの学名で、果径5 cm以上のものをクチナシG. jasminoides forma grandifloraとするが、中間種があって区分がはっきりできない。
また、中国ではG. jasminoides var. grandiflora を水梔子(すいしし)の基原植物としており、母種の G. jasminoides をクチナシとし記載された。
近年では、水梔子はG. jasminoides forma longicarpa と命名されている。
飲食物の天然黄色着色料の原料として需要が多い。
[目次]   [処方一覧]   [用語解説]
ページの先頭へ
Copyright © 2010 - 2018 Tokyo Crude Drugs Association all rights reserved.